ほうれん草とマッシュルームのキッシュとサングリア

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかずキッシュ

 

ほうれん草とマッシュルームのキッシュとサングリア

クリスマスや年末、人が集まるときにぴったりのキッシュをご紹介します。タルト生地は手作りするとさくさくとした食感の美味しいキッシュに仕上がります。タルト生地を型に敷きこむ作業が慣れないと面倒かもしれませんが、液状の生地を最後に流し込むキッシュはタルト生地を厚めに仕上げるのであまり気を使わずに気楽にやってみて下さい。タルト生地は砂糖が入っていないので色はつきにくい生地です。下焼きをしっかりとしておくのがポイントです。

サングリアは見た目も味もクリスマスに合う華やかなお酒です。マリネしてある果物もデザートのように美味しく食べられます。

ほうれん草のキッシュの材料(1台分

ほうれん草とマッシュルームのキッシュのタルト生地
薄力粉 250g
無塩バター 125g(冷えたもの)
20g 残りの卵はキッシュ生地で使います
50ml(冷水を用意)
小さじ3/5
ほうれん草とマッシュルームのキッシュのフィリング
ほうれん草 100g
マッシュルーム 4個
じゃがいも 1個
パプリカ 赤1/4個
オリーブオイル 大さじ1/2
小さじ1/5
こしょう 少々
生ハム 30g
ミックスチーズ 70g
ほうれん草とマッシュルームのキッシュのキッシュ生地
2個+タルト生地の残り
生クリーム 200ml
小さじ2/5
こしょう 少々
サングリア
洋ナシ 1/4個
オレンジ 1/2個
赤ワイン 300ml
サングリアは作りやすい分量です。型は直径20cmで高さ4.5cmのタルト型を使用します。

ほうれん草のキッシュの作り方・手順

キッシュのタルト生地

1:

小麦粉をふるい入れたボウルに1cm角に切った冷えたバターをのせ、カードで切るようにして細かくし、バターに粉をまぶしていく。

2:

だいたい混ざったら手ですり合わせるようにして細かくする。

3:

溶き卵(20g)・冷水・塩を加え、カードで混ぜ合わせる。

4:

水分がなじんだら打ち粉をした台に取り出す。カードで二つに切ってそれを重ねて一つにまとめる。これを繰り返し、層を作ってまとめる。ラップに包んで一時間ほど休ませる。

5:

冷蔵庫から取り出した生地を打ち粉をした台にのせて麺棒で叩いて伸ばしやすくする。

6:

型よりも一回り大きい位に伸ばす。打ち粉をしながら二回くらい伸ばしたら向きを変えるようにしてやっていくと台につきにくい。

7:

型の上にのせ、底に生地を敷く。側面に合わせて淵にぴったりと張る。

8:

麺棒を転がして余分な生地を取る。

9:

さらに側面に合わせて指でしっかりと生地を張る。ここでしっかりと生地を型に沿わせておくと焼き上がりがきれいに仕上がります。

10:

型にフォークで数箇所穴を開ける。後で液体の生地が入るのであまりたくさん開けないようにする。オーブンペーパーを敷き、中に重しをし、190度のオーブンで20~25分空焼きする。

キッシュを作る

11:

じゃが芋・パプリカは7mm角に切り、ほうれん草は塩を加えた熱湯でゆで冷水にとって冷まし、水気を絞って1cm長さに切る。マッシュルームは薄切りにする。生ハムは手でちぎっておく。

12:

フライパンに油を熱しじゃが芋を加え炒める。じゃが芋の周りが透明になってきたらマッシュルーム・パプリカ・ほうれん草を加え、塩・こしょうをして水分を飛ばしながら炒め取り出し、生ハムを加え混ぜる。

13:

卵(2個とタルト生地の残りの卵)をときほぐし、生クリーム・塩・こしょうをふって混ぜ合わせる。

14:

10のタルト生地の重しを取り除き、12をのせ、13を注ぐ。上にミックスチーズを散らして200度のオーブンで20~25分きつね色になるまで焼く。

サングリアを作る

15:

オレンジは厚い皮と薄皮を一緒にむいて1cm厚さのいちょう切りにする。洋梨は皮をむいて一口大に切る。飲む直前にボウルに入れて赤ワインを注いでなじませる。


 
自家製サングリアは、酒税法により「自己の消費」範囲内での作成に限定されています。冷蔵庫で長時間漬け込むことは厳密には酒税法に抵触してしまうようですのでご注意を。

ガイドのワンポイントアドバイス

キッシュの中身は他の物でも代用できます。野菜やきのこなどの水分の出るものはソテーして水分をとばすことがポイントです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。