梅ニンニク味噌と豚肉の梅ニンニク味噌炒め

所要時間:30分

カテゴリー:手作り調味料手作り味噌

 

梅ニンニク味噌と豚肉の梅ニンニク味噌炒め

作り置きしておくと便利な梅ニンニク味噌とそれを使った炒め物をご紹介します。夏バテしやすいこの時期にぴったりのこの味噌は、夏野菜とも相性がよいのでそのまま食べるだけでなくいろいろな料理に展開でき、使い勝手のよい味噌です。

この味噌には梅干しとニンニクをたくさん加えています。梅干しのクエン酸は疲労物質の分解を促し、疲労回復を早める効果があり夏ばてにはぴったりです。
今回は豚肉と一緒に炒めましたが、豚肉のビタミンB1はニンニクのアリシンと一緒に食べると代謝をアップさせてくれますので、梅干しのクエン酸との相乗効果が期待でき、食べ合わせのよい組み合わせです。

他にもマヨネーズやカッテージチーズ、クリームチーズと合わせてディップにしたり、焼きおにぎりに塗ってもよいですね。


梅ニンニク味噌の材料(2人分

梅にんにく味噌
赤味噌 100g
梅干 2個
ニンニク 2かけ
みりん 100ml
ねり白ゴマ 大さじ1
しそ 10枚
豚肉の梅にんにく味噌炒め
豚肉 切り落とし150g
少々
ししとう 10個
きくらげ 適宜
エリンギ 1パック
オイスターソース 大さじ1
赤味噌 梅にんにく味噌 大さじ11/2
サラダ油 大さじ1
梅ニンニク味噌は作りやすい分量です

梅ニンニク味噌の作り方・手順

梅ニンニク味噌

1:

鍋にみそ・おろしニンニク・種を取って包丁で叩いた梅干しを鍋に入れる。よく混ぜ合わせ、みりん加えてなめらかになるまでさらに混ぜて火にかける。

2:

半量になるまで煮詰めたら線切りにしたしそを加えてさらに火にかける。

3:

しそがしんなりしたら練りごまを加えてさっと火を通し、保存瓶などに入れて保存する。 今回はきゅうりとプチトマトをつけて食べるディップとして使いました。

豚肉の梅ニンニク味噌炒め

4:

豚肉は塩少々をふっておく。しし唐はへたをとって切れ目を入れ、エリンギは斜め薄切りにする。きくらげは戻して石づきをとる。

5:

梅にんにく味噌にオイスターソースを加え混ぜておく。

6:

フライパンに油を熱し、豚肉を炒める。肉の色が変わったらしし唐・エリンギ・きくらげを加えて炒める。

7:

しし唐やエリンギに火が通ったら5を加えて手早く炒める。

ガイドのワンポイントアドバイス

炒め物の材料はなすやトマト、ピーマン、ズッキーニなど夏野菜がよく合います。また豆板醤などの辛味を加えても美味しく仕上がります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。