簡単ボールエクササイズでダイエット効果

スモールボールエクササイズでお腹と下半身を引き締めよう! 

スモールボールエクササイズでお腹と下半身を引き締めよう! 


女性が美味しく食事を頂く姿は、男性にも好評ですよね。特に秋は美味しい物が溢れる時期。我慢してイライラするよりも、エクササイズなどで摂取カロリー<消費カロリーにして、食欲の秋を大いに楽しみましょう!

今回ご紹介するスモールボールエクササイズは、お腹から下半身を引き締める効果があります。「太っちゃったな……」と最初に気付くのは、お腹周り。「痩せたかも……」と気づくのもお腹周り。であれば、やった分効果が感じやすいお腹周りを攻めて、引締め効果を十分に味わいながらエクササイズも習慣化させてしまいましょう。しかも、お腹周りを鍛えれば、くびれは勿論、便秘解消、美肌効果も得られ、美ヂカラがアップします。ぜひ、食欲の秋を楽しみながら、美しい体も手に入れてみて下さい。  

スモールボールでエクササイズ! 簡単な使い方

このエクササイズは下半身の引締め、とりわけ太もも内側(内転筋)のたるみに効果大です。この内転筋を鍛えると、骨盤の歪みの調整や、骨盤底筋群(骨盤の下にある筋肉のこと。骨盤の中にある子宮や膣、膀胱、尿道などを支える筋肉)と言った女性の美に欠かせない筋力アップが期待出来ます。

というのも、特に下半身を使った運動をしていない人は、年齢と共に膣の締まりが弱くなります。 膣の締まりは膣周辺の筋肉の働きと関係しているので、ここの筋肉が弱くては、膣をきつく締めつけることができません。特に、腹筋や骨盤底筋が弱くなるのが原因とされています。つまり膣がゆるんでいるということは、ヒップ&ウェストラインが崩壊している人が多く、膣圧低下=女子力低下とも言えるのです。

週3回~4回×3週間の実践で、全身のラインが変わってきますから気長にトライしてみて下さい。

1.スモールボール(クッション等)を用意します。床に座り両膝の間にボールを挟みます。
動作1

動作1


2.両手は肩幅くらいに開き、指先はお尻に向けます。ゆっくりと息を吐きながら、お尻を床から離し、膝の高さまで腰を引き上げます。目安は、膝が90度曲がる位置まで、太もも裏が床と平行になる位置。ゆっくりと息を吸いながらお尻を床に戻します。1-2の動作を8回×2セットを目安にトライしてみて下さい。
動作2

動作2

 

ファッションの秋を楽しみたい! ポッコリお腹をフラットに!

このエクササイズは、胸の下のみぞおち部分から下腹までを効果的に引き締める動作です。今秋のトレンドも引き続きペンシルスカートなど、クラシカルな女性らしいラインが流行っています。エクササイズで筋肉を作っておけば、食べ過ぎた後でもお腹はフラットのまま。ファッションの秋、食欲の秋、どちらも楽しんで下さいね。

1. 床に仰向けになり、スモールボールを足に挟みます。膝を立て腰を床に沈め、腰に負担を掛けない姿勢を取りましょう。背中が床から離れないように両腕を肩の高さに伸ばします。
動作1

動作1


2. ゆっくりと両足を天井方向に伸ばします。
動作2

動作2

 
3.息を吐きながら、5秒かけて両足を床ギリギリまでおろします。息を吸いながらゆっくり足を天井方向に伸ばし、8回を目安に動作を繰り返しましょう。慣れてきた人は、2セットを目安にチャレンジしてみて下さい。
動作3

動作3
 

 

いらない物を絞り出す! 体の内側から綺麗を手に入れよう!

このエクササイズは、お腹のクビレ作りに効果的です。普段から実践している人もボールを挟むことで太ももも引き締められるので、2倍効果のあるこちらにもチャレンジしてみて下さい。お腹をギューっと絞ると、内臓機能がアップします。食べ過ぎて消化不良、お腹が詰まって便秘気味、と言う人は是非習慣にして、脂肪や老廃物をどんどん絞り出してください。

1.床に座り両膝の間にボールを挟みます。
動作1

動作1

 
2.そのまま仰向けになり、両手は肩の高さに伸ばします。息を吐きながら両膝を右床ギリギリまでおろします。
動作2

動作2


3.ゆっくり息を吸いながら、両膝を正面に戻し、息を吐きながら両膝を左床ギリギリまでおろします。そのまま2-3の動作を15回を目安に繰り返しましょう。慣れてきたら2セットを目安にチャレンジしてみて下さい。
 動作3

 動作3


いかがですか?お腹は内臓という大切な臓器があります。この機能が低下する原因として、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスなどがあります。しかしながら、エクササイズで改善させることも可能なのです。美しさは内面から作り出されることを忘れずに、ぜひトライしてみて下さいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。