「作り笑い」に見えるとせっかくの笑顔が逆効果

image

作り笑顔に見えない自然な笑顔で好感度アップ

ビジネスシーンでもプライベートでも好感度アップのために欠かすことのできない笑顔。コミュニケーションを円滑に進めるには笑顔がとても重要だということは誰もが認識しているはずです。しかしせっかくの笑顔が逆効果になってしまっている人が意外に多いのも事実。特にビジネスシーンでは要注意。愛想笑いやその場を和やかにするための笑顔など無理して笑顔を作ったとき、「作り笑いだ」と相手に見透かされてしまってはNGです。

ここでは笑顔のプロ、CAが心掛ける作り笑いに見えない笑顔の3つのポイントと対策をご紹介します。
   

1.目が笑っているかをチェック

まず作り笑いで最も多いケースが「目が笑っていない」ということ。これではすぐに作り笑いだと分かってしまいますし、何を考えているのか分からない怖い印象を与えてしまいます。本人は笑っているつもりでも周りから見ると笑っているように見えないと言われる人もこのケースのことが多いです。

CAは離着陸時、客室全体を見渡せるように後ろ向きの座席に座りますが、その時に心掛けていることが「目の笑顔」です。この時ほとんどのお客様からは座席の背が邪魔になりCAの目から上しか見えていないことが多いからです。そのためいくら口角を上げ微笑んでいても目が笑っていないとお客様には伝わらないのです。

訓練では鏡の前で鼻から下を手で隠し、目の表情だけで笑っていると分かるかどうかをチェックします。家族や友人にチェックしてもらうのも有効です。日頃から感情をオーバーに表現することに慣れていない日本人は、目の表情を作るのが苦手な人が多いようです。そのような方は目の周りの筋肉を鍛えていきましょう。顔を動かさずに眼球だけを上下左右動かしその後ぐるりと一周してみてください。これができない方はかなり目の筋肉が弱ってしまっています。目の疲れ解消にも効果的ですので、仕事の合間にぜひ実践してみてください。

残り2点の「作り笑いに見えないポイント」についても解説していきます。