素敵な笑顔のためのフェイスストレッチ方法!

素敵な笑顔のためのフェイスストレッチ方法とは

素敵な笑顔のためのフェイスストレッチ方法とは

「笑顔が大切。」 日々素敵になろうと努力している女性なら、「当たり前でしょ。日々心がけてるわ!」と思うことでしょう。

しかし、あなたは笑顔のつもりでも、「はじめまして」の時や写真を撮られる時などの笑顔は、口角を上げただけの“ツモリ笑顔”になりがちです。これでは「また会いたい!」と思ってもらえる“モテ笑顔”とはいえません!

特にプライベートにおいては初対面が人生を左右することもあります。ぜひ輝くような笑顔を身につけて、“勝ち女”街道の第一歩を踏み出してください!
   

「また会いたくなる」笑顔とは?

楽しそうな笑顔は、見ている人をシアワセ気分にします。意思で自分の笑顔をコントロールする術を身につけましょう!

楽しそうな笑顔は、見ている人をシアワセ気分にします。意思で自分の笑顔をコントロールする術を身につけましょう!

綺麗にメイクをほどこし、彫刻のように美しく完成された笑顔でも、冷たい印象の笑顔では「また会いたく」はなりませんよね。ここでいう「また会いたくなる」笑顔とは、下記のような笑顔です。

(1)ポジティブでシアワセそうなオーラが溢れ出ている!
(2)「あなたといると本当に楽しい!」という気持ちが伝わってくる!
(3)表情が豊かで笑顔から生き方が感じられる!


このような笑顔は、見ている人を幸せな気分にします。そして、その笑顔を見たくて、「また会いたくなる」のです。
 

フェイスストレッチで日頃から輝く笑顔のトレーニングを!

しかし、初対面の時、いきなり心からの笑顔をするのはかなり難しいかと思います。しかも、相手が素敵だったらなおさら、意識してぎこちない笑顔になりがちです。いざという時に素敵な笑顔ができるようになるには、表情筋を鍛え、眼をイキイキと輝かせるフェイスストレッチが効果的!

しかもこのフェイスストレッチは、気になるお肌のくすみ・たるみにも効果絶大なのです。アンチエイジングのためにも、メークや基礎化粧品に凝るだけではなく、ぜひお顔の筋肉を鍛えましょう!
 

まずは、瞳をイキイキと輝かせるフェイスストレッチから!

イメージ
Tさんをガイドが徹底指導!果たして効果はどのくらい?
今回ガイドが指導&取材したのは、都内在住のOL・Tさん。彼女のお悩みは「いつも眠たそうって言われること」だそう。まぶたや眼の周りの筋肉を鍛えることにより、まぶたがすっきりとし、瞳が輝きます!

*ポイント*
フェイスストレッチはやりすぎは禁物。
1日1回。多くても朝晩の2回。1セット5回行う程度にとどめます。
鏡を見ながら行いましょう。

それでは早速、フェイスストレッチを始めましょう!
 

瞳を輝かせるフェイスストレッチ1

イメージ
 


(1)瞳を閉じます。
(2)眼は閉じたまま、眉毛を思いっきり上に持ち上げます。
(3)5秒間このままキープします。
 
(4)ゆっくりと元に戻します。
イメージ
 

<ここに注意!>
顔の筋肉は日常生活では3割ほどしか使っていないそうです。自分では「もう限界!」だと思っても、実はまだまだ余力があることが多いもの。指でおでこを触って、シワが寄っていると感じるくらいまで頑張りましょう!
 

瞳を輝かせるフェイスストレッチ2

イメージ
 


(1)瞳を閉じます。
(2)ギューっと眼を閉じます。
(3)中心に向かって筋肉を収縮させるイメージで、口なども全てギューっと寄せます。
(4)そのまま5秒間キープします。
(5)ゆっくりと元に戻します。
 
<ここに注意!>
上記と同じく、限界だと思っても「もっともっと!」というつもりで力を入れましょう。正しくストレッチを行うと、終了後、血行が良くなりお顔がポカポカしてきます! 自身で行う時は顔にタッチする必要はありません。自力で限界まで挑戦しましょう。
 

瞳を輝かせるフェイスストレッチ3

イメージ
 
(1)眼球を上・右・下・左・上と動かします。
(2)同様に、逆周りでも動かします。
(3)素早く左右に動かします。
(4)同様に、上下にも動かします。
 
イメージ
 
イメージ
 

<ここに注意!>
眼のストレッチを行う時は、首は固定して、眼球だけを動かすように注意しましょう!
まっすぐ前を見た状態で両手の人差し指を顔の真横や上下に立て、視界ギリギリかちょっと外れるところの位置に固定して、それを見るようにするとうまくできます。
 

口輪筋を鍛え、やさしい笑顔を作る口元ストレッチ1

イメージ
 


(1)口を思い切りすぼめて尖らせ、5秒間キープします。
 
イメージ
 


(2)口をもどして口角を外側いっぱいに引き、 5秒間キープします。
(3)ゆっくりと口を元に戻します。
 
<ここに注意!>
口を前に突き出すとき、横に広げるときは、とにかくめいいっぱい行ってください。特に上唇の筋肉力の低下は、口角が下がる原因に! 
上唇を意識しましょう。
 

口輪筋を鍛え、やさしい笑顔を作る口元ストレッチ2

イメージ
 


(1)片目を閉じて、閉じた目の側の口角を目尻に寄せます。
(2)このまま5秒キープします。
(3)表情を戻して、反対側も同様に行ってください。
 
<ここに注意!>
大体の人が、左右どちらかが「やりにくい」と感じると思います。よく左右どちらか片側でものを噛む、表情のクセでどちらか一方の筋肉だけがよく使われるなどが原因だと考えられます。やりにくさを感じた側を、積極的にストレッチしてください。このストレッチは、頬のたるみにも効果絶大です!
 

口輪筋を鍛え、やさしい笑顔を作る口元ストレッチ3

イメージ
 

(1)口に割り箸かストローをくわえます。
(2)口角がそれより上に来るように引き上げます。
(3)そのまま5秒キープします。
(4)口角をキープしたまま、そっと割り箸を外します。
(5)そのまま更に5秒キープします。
 
<ここに注意!>
割り箸/ストローは、ギュッと噛まず、軽くくわえるようにしてください!
くわえたまま少し口を色々と動かすと、口の周りの様々な筋肉を鍛えることができます。
 

1日1回で効果あり!

フェイスストレッチはやりすぎは禁物。
1日1回で充分です。多くても朝晩の2回。1セット5回行う程度にとどめます。長くやる必要はありません。長くやらなければ、シワになる心配もありません! 鏡を見ながら行いましょう。
 

結果発表!Tさんの笑顔はどうなったでしょう?

イメージ
 


■Before
まずはこちらが、フェイスストレッチ前のTさんのお写真。
カメラを前に、「笑って笑って!」と言われ、ぎこちない笑顔をしていました。
 
イメージ
 

■After
そしてこちらが、フェイスストレッチ後のTさん!
フェイスストレッチ後の写真を見ると、“Before”の笑顔が「笑顔に見えない!」というくらいの変わりようです。
しかも目がパッチリして、お悩みだった「いつも眠たそうって言われる」という表情が、イキイキとした“また会いたくなる笑顔”になりました!
 

フェイスストレッチを終えたTさんの感想は?

フェイスストレッチをやってみて思ったのは、「自分では精一杯顔の筋肉を動かしているつもりでも、実は全然足りていなかった」ということ。
特に割り箸をくわえるストレッチでは、笑顔の時にここまで口角を上げるべきだったとは、思ってもみませんでした!

正直、最初はお顔の筋肉がプルプルして辛かったですが、慣れてくると、「筋肉が目覚めた」みたいで、少しずつ長坂さんの指示通りお顔を動かせるようになってきました。

終わった後は、血行が良くなってお顔がポカポカ! お肌にもかなり良さそうです。
 

「また会いたくなる」笑顔、あなたも絶対マスターして!

恋で、そして仕事で“勝ち女”になるためには、「また会いたくなる」笑顔は必需品。そんな笑顔が手に入る、簡単で効果バツグンのフェイスストレッチを、あなたもぜひお試しください!


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。