笑顔に自信がない人必見!写真映りがよくなる笑顔のコツ

1

素敵な笑顔で写真に写りたい!

「素敵な笑顔で写真に写りたいのに、いつも失敗してしまう」「キメ笑顔はあるけれど、いつもワンパターン」と悩む人は多いもの。

もっと可愛らしく、表情豊かに写真に映るためにはどうしたらいいの?と感じているみなさまへ、今回は「必ず笑顔に自信が持てるようになる練習法」をお教えします。

自然な笑顔のポイントは頬と口角

koukaku

 

まず、笑おうと思っても顔が引きつってしまう、笑顔が不自然になってしまう方は、顔全体の力を緩めましょう。そして、「頬と口角」をぐっと持ち上げます。

動きが鈍い場合は、割り箸をくわえて笑ってみたり、手で口角の先を上に押しながら、口角を上げる感覚を顔に覚えさせましょう(意識して使う表情筋は大頬骨筋と、口角挙筋)。

 

笑顔を表情豊かに見せるコツは口

次に、基本となる「間々田流笑顔の5パターン」を覚えましょう。

■笑顔1. 口角だけ軽く上げる
kuchi1

一人でいても怖く見えない程度に笑います。



■笑顔2. 口角を思い切り上げる
kuchi2

歯を見せずにしっかり口角を上げます。



■笑顔3. 上の歯を8本見せて笑う
kuchi3

下の唇が上の歯に触れている感覚を覚えましょう。



■笑顔4. 口を少し開けて笑う
kuchi4

口角を上げたまま顎の力を抜き、口を開くイメージです。
 


■笑顔5. 口を思い切り開けて笑う
kuchi5

笑顔4から更にアゴの力を抜き口を解放させるイメージです。 



■笑顔のNG 「アゴで引いている笑顔」
ng

アゴで引いて下の歯が見えないようにしましょう。

歯を見せて笑う時は上の前歯だけを8本見せるようにしましょう。下の歯が見えるようにアゴを使って「イー」と笑うと、口角が上がりづらくなるだけではなく、顔を横に大きく見せてしまいます。

将来、マリオネットラインができる可能性も高くなりますから、今からアゴラインがシャープになる正しい口角の上げ方を覚えておきましょう。


応用編 目ヂカラ強弱で笑顔にバリエーションを作る

smile5

笑顔の10パターンの完成です。

笑顔の5パターンを覚えたら、2タイプの目の動きをプラスします。まずは、キリッと目を大きく見開いてみましょう。次に、赤ちゃんを優しくみるように目を細めます。この2種類の目の動きで、笑顔の5パターンをそれぞれ練習します。

口の動きは同じでも、目を大きく見開けば、凛々しくはっきりとしたイメージに、目を緩めれば優しいイメージに変わりますよ!


 

笑顔がより自然になるためには……練習あるのみ

「笑顔の5パターン×目ヂカラ強弱」を練習しよう

「笑顔の5パターン×目ヂカラ強弱」を練習しよう

この「笑顔の5パターン×目ヂカラ強弱」を、はじめは鏡を使い、左右バランスを確かめながら丁寧に練習します。

顔が思い通りに動かないときは、手で顔の筋肉を押して、正しい筋肉の動き方を顔と脳に覚えさせましょう。

慣れてきたら写真に写ることをイメージしながら、鏡を見ずに練習します。鏡でチェックしなくても不安や迷いなく笑顔が作れるまで、繰り返し「笑顔1、2、3、4、5...」とカウントを取りながら、練習することがポイントです。

さらに、テンポを変えて早いバージョン、遅いバージョンで繰り返し、最後は笑顔5笑顔3笑顔1などランダムに順番を変えながら練習します。

はじめはぎこちなくとも練習を繰り返しているうちに、とても自然に笑顔が作れるようになります。顔の筋肉は小さいので、2~3日練習するだけでも顔の動きがスムーズになることに気づくでしょう。

最後は、笑顔の5パターンを参考にしながら、一番自分が素敵に見える決め笑顔を研究してみましょう。「笑顔4で目は緩めているほうが自分らしい。」など、自分に一番合った表情を探してくださいね。

オススメの写真の写り方は、決め笑顔を持ちつつ、色々な笑顔のパターンで写真に写ることです。顔に動きが感じられると、表情豊かに見えます。更に、時々表情を崩すことも忘れずに。ちょっとした抜け感が人間らしさを醸し出し、異性からモテるかもしれません!

以上、表情筋のプロ・顔ヨガ講師が教える、「写真映りが良くなる! 笑顔の作り方と笑顔の5パターン」でした。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。