ブルドッグラインとほうれい線をほほのリフトアップで消す!

今回は顔の中でも一番大きなパーツ「ほほ」を持ち上げるポーズで、きゅっと引き締まった顔を目指しましょう!
 

ブルドッグラインとは?ほうれい線ができる原因は?

ブルドッグライン

2010年頃、顔全体がたれていた時期


ほほが垂れた結果大頬骨筋の終点、口の周りにある口輪筋(こうりんきん)にお肉がたまって、ほうれい線やブルドッグラインを作ります。ほほのお肉が下がると顔全体が下半身太りしたようになり、顔が大きく見えます。顔が立体的になると視角効果で顔が痩せて見えます。また、今回のポーズはほほのリフトアップと同時にあごのシェイプも行うため、より一層のメリハリ顔になれるのです。

10年前の顔は、ほうれい線もなく、ほほやあごのラインもスッキリしていたはず。顔のお肉をきゅ~っと引き上げるためには、肌表面ではなく下から支える筋肉でリフトアップを目指しましょう!

 

ブルドッグライン解消エクササイズには「おだんごロックのポーズ」


 
おだんごロック1

おだんごロック1

1.額にシワが寄らないように気をつけて目を大きく開きます。上の歯だけが8本見えるように口角を上げてニッコリ笑いましょう。     
 
おだんごロック1

おだんごロック2

2.そのまま下唇を巻き込むようにして、あごを少し前に突き出します。「アイ~ン」をするイメージで。ほほにお団子を作るようなイメージでほほの筋肉を持ち上げます。10秒キープ!
おだんごロック1

おだんごロック3

3.ほほにできたお団子を指で持ち上げます。親指と人差し指で輪を作って、ほほをギューッと持ち上げて、10秒キープ。

おだんご効果で顔の形状記憶!? 目指せ顔ヤセ!

「おだんごロック」は、ほほにお団子を作って持ち上げることで、ほほの筋肉に本来の位置を教えます。補正下着で胸やお尻に本来の位置を形状記憶させるように、顔の筋肉も繰り返し本来の位置に戻すことによって、形状記憶ができるのです! ほほの筋肉を持ち上げるだけで、笑った時と同じ効果があるそうです。落ち込んでいる時なども、物理的にほほの筋肉を引き上げることで、ハッピーオーラをゲットしましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。