出会いの印象が、その後の「嫌われ度」を決めてしまう…

印象アップ

第一印象アップはビジネススキルの一つ

新しい出会いが多い春。初対面の人との人間関係を良好にするためには、第一印象が大切です。今回は、オフィスでの「嫌われ女子の仕草ランキングワースト8」を姿勢と仕草で解説します。

第一印象は姿勢がキメテ。仕事のシーンとプイライベートとでは姿勢・仕草のポイントが異なりるので、特に新入社員の皆様は、お見逃しなく!


嫌われ仕草 第8位 やたらと髪を触る

(こんな声が聞かれます)
  • 癖なんでしょうけど、業務に集中してほしい
  • 説明している時に髪ばかりさわられるとイラつく
8位

顔にかからないヘアスタイルを

■姿勢・仕草の解決ポイント
ヘアスタイルは、印象を大きく左右します。髪の乱れを直す為に髪を触る事はプライベートシーンならば、大抵OKですが、ビジネスシーンでは、「顔周辺に髪がかからない」「業務中に髪型が乱れないように」が前もって整えておくのが鉄則。

姿勢で改善できるポイントは、頭の位置を正しいポジションにすること。そうすることにより、髪が顔周辺にかかることはありません。

 


嫌われ仕草 第7位 とにかく不潔

     
    (こんな声が聞かれます)
    ・スーツやスカートがしわだらけで、だらしない印象
    ・ハンカチがいつもなく、自然乾燥
■姿勢・仕草の解決ポイント
一見姿勢と関係ないと思われますが、洋服のシワはからだの重心をなおすと軽減する事もあるのです。体の重心が外側になると洋服にしわがでやすいので重心は体の真ん中にキープするように。体を包む洋服の手入れをする気持ちも大切です。衣類は清潔に整える事がビジネスマナーの一つといえます。


嫌われ仕草6位 片付けが出来ない

(こんな声が聞かれます)
6位

整理整頓を心がけて

  • デスク が整理されておらず必要な書類をすぐに取り出せない
  • かばんの中 をゴソゴソ。取引先で名刺交換時に失礼
整理・整頓が出来ない人に仕事を任せる事が不安であるという声も切れます。

■姿勢・仕草の解決ポイント
自分の姿勢を整える事が出来ない人が、自身の周辺を整える(片付ける)事は難しいといえます。
まずは、体の中心に一本の線が通るような姿勢を常にとることを意識しましょう。自信の体を整える事が出来ると自信の周辺を整えたくなります。騙されたと思って実践して下さい。


嫌われ仕草5位 服装がTPOに合わない

5位

ビジネスシーンにふさわしいスタイルで

(こんな声が聞かれます)

  • ミニスカ・生足は真夏でもNG
  • スーツの下でもキャミ・タンクトップは見苦しい
  • 営業ですが、スニーカー(スリッポン)はふさわしくない
■姿勢・仕草の解決ポイント
服装は自己表現の一つともいえます。職種によって事なりますが、新入社員は、職場に慣れるまでは、ベーシックな装いを外さない方が印象を損ないません。服装と同時に、指先まで仕草を意識すると不要な音が出ずに美しい仕草となりますので、心掛けて下さい。

 


嫌われ仕草4位 言葉遣い

(こんな声が聞かれます)
  • 親しくなるとため口 になる
  • 同期と話している時は学生言葉。職場では社会人としての認識を持って
■姿勢・仕草の解決ポイント
言葉で相手との距離をはかる事が出来ます。たとえ親しくなってもビジネスシーンでは先輩は勿論の事、同期とも学生言葉ではない話し方を心がけます。言葉遣いを人によってわける事は、態度も比例して変わりますので注意が必要です。

言葉を発する時はお腹の下辺り(丹田)を意識して声を出しましょう。ボリュームを上げるのではなく、たとえ小さくても、相手に聞き取りやすい声になりコミュニケーションが円滑にいきます。