憧れの先輩の後姿は……おばさんだった!?

くっきりとした肩甲骨

くっきりとした肩甲骨

ファッションもメイクも完璧で仕事もできる憧れの先輩。
そんな先輩がオフィスを歩いている「後姿」を見た時、思わず自分の目を疑ってしまいました。

背中が丸まっていてお疲れモード全開。憧れの先輩だけど、遠くからみるその後姿は、単なる疲れたおばさんにしか見えませんでした……。

という話を聞かせてくれたのは、ウォーキングレッスンに来ていたA子さん。そのおかげで、あらためて「姿勢」の大切さを感じたそう。

「姿勢」は身体を360度をデザインするもの。鏡の前に立つ時は、前面を重点的に見がちですが、必ず「後姿」もチェックするようにしましょう。自分では見えにくい後ろ姿は、実は他人から目に付きやすい場所ともいえるのです。


どっちの後姿が美人に見える!?

「後姿」によって、美人印象がどのくらい違うのか、写真で比較してみましょう。
残念な後ろ姿

残念な後ろ姿

こちらの写真は、知的美人のB子さん。仕事もテキパキこなし、社内でも人気のある彼女ですが、最近は仕事が忙しくてお疲れ気味。

そんな彼女の後姿は、哀愁が漂ってお疲れモード全開。声をかけるのも少し気がひけてしまいます。

 


 
美しい後ろ姿

美しい後ろ姿

さらにこちらの写真は同じB子さんの姿勢を直したもの。こちらの後姿は、まさに見返り美人そのものです。

背筋が伸びて、筋肉で上半身が引き上げられています。足元も締まっていて内腿も使われており、美脚ラインもきわだちます。

 


 

同じ女性でも、姿勢によって後姿の印象が異なることがわかりましたか?
美しい後姿を作るためには、どんなポイントが必要なのか、次ページで解説していきます。