目の筋肉を鍛えて、デカ目、目ヂカラアップ!

最近、まぶたが垂れてきた、目が小さくなったと思うことはありませんか?
それは、眼輪筋という眼球を支える目の周りの筋肉が衰えてきた証拠かもしれません。
眼球自体の大きさに個人差はあまりないそうです。目の周りの筋肉を鍛えて、目が大きくなった、生まれて初めて二重になった、というケースもあります。生まれつき目が小さい・細いから、年だからと諦めないで、道具もお金も使わない顔ヨガで、目ヂカラアップを目指してみましょう!

今回お教えするポーズは「おでこロック」。眼球を支える眼輪筋とまぶたの筋肉を鍛えることによって、目をぱっちりと大きくするエクササイズです。

額のシワをロックしましょう!

おでこロックNG

おでこロックNG

何も指導をせずに「目を大きく開いて」と生徒さんに言うと、だいたいの方たちが額や眉の筋肉に頼って目を開いています。目の筋肉は意識しないと閉じる方にばかり力がかかりがちです。現代人はテレビやパソコンを見る時間が長く、じっと一点を見つめるか視線を少しだけ上下にするぐらい。目の周りの筋肉が使えないから、額や眉の筋肉を使ってしまう、そうするとますます眼輪筋やまぶたの筋肉が衰えてしまいます。

額や眉の筋肉を使わないよう「ロック」して、目の周りの筋肉だけを使う練習をすると、眼球やまぶたを支える筋肉があることが分かります。筋肉をきちんと使うには、その筋肉を意識して、動かす感覚をつかむことが重要なんです。
まずは毎日、2週間続けてみてください!

>>次のページから具体的なエクササイズをご紹介します!