おうちで作るパクチーのおかず3種

所要時間:30分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

あなた好みのパクチーおかずはどれ?

他にはない個性的な香りと味を持つパクチー。香菜(シャンツァイ)やコリアンダーとも呼ばれており、エスニック料理には欠かせません。ここでは自宅で簡単に作れるパクチーのおかずをご提案。強烈なパクチーの味が苦手な人にもチャレンジしてもらえるよう、食べやすくアレンジしています。

まずはパクチー初心者向けの「パクチーとトマトのマリネ」。マリネ液がパクチーの個性を打ち消してくれるので、苦手なひとでも食べやすい仕上がりになっています。しそやバジルが入っているのかな、というレベルの味わいです。

次に「パクチーと豆もやしのナムル」。3つのレシピの中で唯一、葉・茎・根の全てを食せるレシピなのですが、ゆでているのおかげでで強烈な個性は抑えめに感じます。パクチーを丸ごと食べている実感は少なく、柑橘を思わせる香りとセロリのような味わいを楽しめます。

最後に「パクチーとにんじんのサラダ」。パクチーを塩もみにして、漬物感覚でいただくサラダです。塩もみすることで、パクチー独特のアクが抜け、さわやかな香りと風味が現れます。食べる人によっては、パクチー感が控えめに感じる一品です。

パクチーのおかず3種の材料(2人分

パクチーとにんじんのレモンサラダ
パクチー 1株
にんじん 1本
レモン汁 小さじ1
ナンプラー 小さじ1
小さじ1/3
パクチーと豆もやしのナムル
パクチー 1株
もやし 1/2袋
ごま 小さじ1
ごま油 小さじ1
小さじ1/3
ニンニク すりおろしたもの少々
パクチーとミニトマトのマリネ
パクチー 葉10枚ほど
ミニトマト 10-15個
新たまねぎ 1/8個
大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
きび砂糖 大さじ1
小さじ1
新玉ねぎは玉ねぎでも可です。

パクチーのおかず3種の作り方・手順

パクチーのおかず3種

1:パクチー情報

パクチー情報
パクチーは葉、茎、根すべて食べることができます。食べるときはきれいに泥汚れを洗ってから調理します。

保存するときは、根の部分に湿らせたキッチンペーパーを巻いてから袋に入れて、野菜室で立てて保存します。3-5日以内に食べきるようにします。

2:パクチーとにんじんのサラダ

パクチーとにんじんのサラダ
  1. にんじんを斜めの薄切りにしてから、千切りにします。
  2. ボウルににんじんとざく切りにしたパクチー(葉と茎)と塩を入れてもみこみ、しんなりとさせたら、水気を絞ります。
  3. ボウルにナンプラーとレモン汁を加えて、よく混ぜ合わせたらできあがりです。味を見て足りないようなら塩・ナンプラー・レモン汁で調整してください。

3:パクチーと豆もやしのナムル

パクチーと豆もやしのナムル
  1. 豆もやしをたっぷりのお湯で、豆が柔らかくなるまでゆでたら、ざるにあげて水気を切ります。
  2. パクチーを根ごと2分前後ゆでたら、ざるにあけます。冷めたら水気を軽く絞り、ざく切りにします。
  3. ボウルにおろしにんにく(任意)・塩・ごま油を混ぜ合わせ、パクチーと豆もやしを加えて和えたら、仕上げにごまを加えて、できあがりです。
根は繊維の固い部分は取り除きます。

4:パクチーとミニトマトのマリネ

パクチーとミニトマトのマリネ
  1. ミニトマトの湯むきをします。
  2. ボウルに酢・オリーブオイル・塩・きび砂糖、玉ねぎのみじん切りを加えてマリネ液を作ります。
  3. マリネ液にミニトマトを加え30分ほど漬けます。仕上げにパクチーの葉をちぎって加えてできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

パクチーは整腸作用、鎮静作用、快眠作用、デトックス作用、消臭作用、滋養強壮作用があります。一度にたくさん食べるものではないので、大きな効果は期待できないかもしれませんが、なかなかたくさんの効能があるので頭の片隅に置いておいてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。