ホホバオイルの原料植物について

ホホバ学名 Simmondsia sinensis
科名 ツゲ科
オイルが採れる部分 種子

アロマテラピーに限定せず、とても有名なオイルがホホバオイルです。ホホバという響きもインパクトあり!(英語ではjojobaと表記)

ホホバはもともと、乾燥地帯で育つ低木。南カリフォルニア、メキシコ北西部などの砂漠で自生しています。ホホバの実は硬い皮に包まれています。乾燥地帯という環境で育つため、水分が逃げないようにする植物の戦略でしょうね。


ホホバオイルの特徴

樹齢10年以上の木から種子ができ、その種子からオイル分が採取されます。貴重なオイルといえますね。種子の約50%がオイリーな感触をもたらす液体ですが、成分からいうと、油脂ではなくワックス(植物性のロウ)です。脂質を含むため、オイルと便宜上、呼ばれています。

ワックスであることから、熱に強く、酸化安定に優れます。植物から採取したオイルは比較的酸化しやすいものが多いため、酸化しにくいという点はとても重宝がられます。


ホホバオイルの種類

きれいなゴールドカラーのホホバオイル

きれいなゴールドカラーのホホバオイル。50ml1500~3000円ぐらい。メーカーによって差がありますが比較的、高級なオイル。

製造過程の精製レベルで2種類のものが売られています。
  • ホホバゴールド
ゴールドと呼ばれるように黄金色を呈している比較的、精製されていないタイプ。栄養価たっぷりという印象をその色から受けます。固有の匂い(種子の匂い)がわずかにありますが、その匂いの質から言っても、ほとんど気になりません。意外とさらっとして、べたつきません。浸透性に大変優れます。

  • ホホバクリア
無色で、上記のものとまったく違う外観です。ゆるい感じのテクスチャーで色がない分、タオルなどに着色しないのが利点。ただ、ガイド自身は少し水っぽい印象を受けます。

お好みですが、私のおすすめは断然、黄金色のホホバオイルです!