熱々ふうふう 味噌ラーメン鍋の作り方

所要時間:20分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物ラーメン

 

寒い日に食べたい、お腹も心も温まるみそラーメン鍋

ニンニクを効かせたみそスープで、野菜と肉と中華麺を煮込みます。

ひと鍋で、主食、おかず、みそ汁が一緒にいただけます。簡単で安上がりで、身体の芯から温まるみそラーメン鍋は、寒い日や忙しい日にもってこいのお鍋です。

味噌ラーメン鍋の材料(2~3人分

具材
中華麺 2~3個
豚バラ肉 薄切り250g
もやし 2袋(400g)
にら 1束
たまねぎ 1/2個(100g)
にんじん 50g
しめじ 1パック
水菜 3カブ
ねぎ 1本
コーン水煮缶 1/2カップ
みそスープ
ニンニク 2~3片
ねぎ 1本
サラダ油 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
5.5カップ
50cc
スープの素 固形2個
かつおだしの素 小さじ1
味噌 大さじ4強
醤油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
砂糖 小さじ1
その他
白ごま 適宜
ラー油 適宜
こしょう 適宜
具の材料はその他にキャベツや小松菜等も合います。

味噌ラーメン鍋の作り方・手順

味噌ラーメン鍋を作る

1:材料を用意する

材料を用意する
中華麺は堅めに茹でて水で洗って水を切り、分量外のごま油小さじ1~2をまぶす。

豚肉は食べよい長さに切る。もやしは洗って水を切る。にんじんは千切りに、玉ねぎは薄切りに、水菜とニラは適当な長さに切り、シメジは石づきを切り落として小房に分ける。缶詰コーンは水を切る。長ネギは薄く小口切りにし、ニンニクはすりおろす。
長ネギは2本とも小口に切り、半分をスープ作りに使用する。

2:土鍋に長ネギ、ニンニク、油を入れて弱火で炒める

土鍋に長ネギ、ニンニク、油を入れて弱火で炒める
土鍋に長ネギ、ニンニク、ごま油、サラダ油を入れて弱火にかけ、香ばしくなるまで(ネギの一部がキツネ色になるくらいが理想)炒め、一旦火を止める。
火を止めるのは、余熱で焦げるのを防ぐため。

3:湯を入れて調味

湯を入れて調味
湯を入れて火をつけ、煮立ち始めたら、みそスープの調味料を入れる。味見して、「濃厚なみそ汁」になっていることを確認し、味が薄ければ味噌を足す。
熱くなった土鍋に水を注ぐと鍋が傷むので、お湯を使用。

4:肉と、堅い野菜から煮ていく

肉と、堅い野菜から煮ていく
みそスープがひと煮立ちしたら肉を入れ、堅い野菜から煮ていき、麺を入れ、水菜、コーン、刻みネギを入れる。

最後にバターをのせれば、味噌バターラーメン鍋になります。
刻みネギはここで入れずに、薬味にしても良い

5:取り分けていただく

取り分けていただく
各自器に取り分け、白ゴマ、コショウ、ラー油等を、お好みでかけて食べる。

ガイドのワンポイントアドバイス

基本がみそ汁なので、具材はみそ汁に合うものなら何でもOKです。中華麺は「沸騰した湯に入れて再沸騰したら一呼吸おいて取り出して洗う」といった程度の茹で加減です。味噌によって塩辛さが違うので、味見して調整してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。