香りの歴史

イメージ

香水ボトル

香りの歴史は、遥か有史以前に遡ります。古代エジプトで薫香や香木として用いたのが最初と言われ、その様子はエジプトの壁画や彫刻から窺うことが出来ます。

宗教儀式として用いられたほか、病気の治療や恋の媚薬として、時には権威を示す道具として政治の世界でも利用されてきました。

世界三大美女と香り

絶世の美女と呼ばれた彼女達が、香りをどのように愛用してきたのでしょうか。
  • クレオパトラ
薔薇

クレオパトラも愛した薔薇

エジプトのクレオパトラは、シナモンと薔薇の香りをこよなく愛し、毎夜、薔薇風呂に入り、麝香(じゃこう=ムスク)の香りをたっぷりと体に塗りこんでいました。美貌を保つだけでなく、香りを恋の媚薬として利用し、次々と時の権力者を虜にし、歴史をも動かしました。

クレオパトラがこよなく愛した香りとしては薔薇が有名ですが、当時のエジプトではとても希少価値の高い存在でした。そんな薔薇を、アントニウスを迎える部屋に、膝が埋まるほどの厚さまでいっぱいに敷き詰めて迎えたというエピソードはあまりにも有名です。聞いているだけでも、とてもロマンティックな話ですが、薔薇の甘くうっとりとした香りは、ローマ皇帝など時の権力者達も魅了したと言われています。

  • 楊貴妃
イメージ

楊貴妃も美容と健康のために飲んだといわれるハス

楊貴妃は、沈香(ちんこう)や白檀(別名:サンダルウッド)を柱に使用した「沈香亭」に住み、「挙体芳香」で男性を魅了したと伝えられています。(挙体芳香とは、体から芳香を発するという意味。)

楊貴妃が身にまとっていたのは、「麝香」と言われていますが、麝香は、雄のジャコウ鹿の腹部にあるジャコウ腺から採取した分泌液を乾燥させたものです。甘い香りで、香りを永く持続させる効果があるため香料には欠かせないものとして重宝されてきましたが、現在は絶滅危惧種としてワシントン条約によって取引が厳しく管理されています。

麝香の「麝」とは、ジャコウの香りが矢を射るように遠くまで飛ぶという意味で、繁殖期に雄のジャコウ鹿が、雌に自分の居場所をアピールするために生産されていると考えられ、性フェロモンの働きをしているのではないかと言われています。

  • 小野小町
小町が好きだった芍薬

小町が好きだった芍薬

小野小町が愛した香りは、平安時代に流行した「沈香」や「白檀」、「芍薬」だったと言われています。

この時代、香りを着物や扇子、恋文に付けて楽しんだり、香りによって身分や恋人を見分けたとも言われています。

小野小町には「深草将校の百日通い」が有名なエピソードとして今に伝えられています。小町に熱心に求愛する深草将校に小町は、「私のもとへ百夜通ったなら、あなたの意のままになろう」と告げます。毎夜、小町のもとへ通いますが、最後の晩に深草将校は思いを遂げることが出来ないまま息絶えてしまうのです。とても悲しいお話ですが、深草将校を、そこまでも魅了した香りとは、いったいどのようなものだったのでしょう?

沈香(沈水香木)は、香木で、特に質の高いものを「伽羅(きゃら)」と呼び、日本では、正倉院にある「蘭奢待(らんじゃたい。黄熟香(おうじゅくこう)とも呼ばれる)」が天下一の名香と謳われています。
白檀は、仏像や仏具、扇子に用いられる香木で、甘くウッディーな香りが、心を穏やかに鎮めるため瞑想によく使用されています。「芍薬」は、深草将校が小町に送った花と言われています。

  • ナポレオンとジョセフィーヌ
香りは男性を魅了する事もできますが、時に破局へと導いてしまう事もあります。ナポレオンの最初の妻、ジョセフィーヌは麝香の香りをこよなく愛していましたが、ナポレオンは、動物性の麝香の香りが苦手でした。ナポレオンは、ジョセフィーヌに、麝香の使用をやめるよう文句を言ったと言われていますが、ジョセフィーヌは大好きな麝香の香りをやめることが出来ず、結果として二人は離婚してしまいます。

香りが与える影響の大きさを物語るエピソードですが、彼の好きな香りをあなたは知っていますか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。