世界史の教科書に登場するおなじみの美女と言えば、クレオパトラ、楊貴妃、マリー・アントワネット。「絶世の美女」「傾国の美女」などと呼ばれた彼女たちの行動や業績については、授業で習ったことと思います。今回の記事では、その時代のファッションリーダーでもあった彼女たちが、一体どんなヘアスタイルをしていたか。そして、どのようにしてその美髪を保っていたかをご紹介します。

クレオパトラはカラーリングやパーマをしていた!?

クレオパトラ
古代エジプトのファッションリーダーだったクレオパトラ(『クレオパトラ』20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント/DVD
クレオパトラは紀元前50年に古代エジプトの王位を継承し、女王となった人物。ローマ帝国のシーザー(カエサル)の愛人としても有名です。派手なファッションで目立ち、マラカイトを粉にしてアイシャドーとしてお化粧していました。アイシャドーを初めて使ったのはクレオパトラで、エジプトやローマに流行させた、とも言われています。古代エジプトのファッションリーダーだったのかもしれません。

また、クレオパトラは、お風呂に対するこだわりが人一倍強かったようです。「バラ風呂」「ミルク風呂」「ジャスミン風呂」「泥風呂」「塩風呂」などなど、その日の気分に合わせて使い分けていたとか。現代で言えば、入浴剤マニアというところですね。オリーブオイルで全身のお手入れをしていたそうなので、ひょっとすると髪にもつけていたかもしれませんね。

さらには、ヘナを髪につけてカラーリングをし(黒髪を金髪にした、金髪を黒くしたとの両方の説があります)、棒に髪を巻いてアルカリ性の粘土をつけて乾かし、パーマをかけた、とも言われています。おしゃれのためには手間ひまを惜しまない──そんな女性像が浮かんできます。

一般的に、クレオパトラのヘアスタイルは黒髪でストレートのワンレングス、というエジプト風の印象があります。しかし、あのヘアスタイルは人毛で作ったカツラ、という説もあるようです。

ギリシャ人の流れを汲むクレオパトラの髪は、ショートヘアで、しかも巻き毛だったとか。エジプト・アレクサンドリアにある「グレコローマン博物館」には、クレオパトラの胸像がありますが、ギリシャ風の髪型をしています。

とはいえ、黒髪も巻き毛も想像で描かれたものなので、本当のところは神秘のベールに包まれています。

次ページは、楊貴妃&マリー・アントワネットの髪にまつわるお話をご紹介します。