知らないうちに進行する、女性の薄毛

女性に多いびまん性脱毛症は、頭頂部から薄くなる!

女性に多いびまん性脱毛症は、頭頂部から薄くなる!

女性の見た目年齢は、髪のボリュームで決まる、といっても過言ではありません。しかし、女性の薄毛は知らないうちに徐々に進行し、気づいた時には、手遅れになることも……。早めに対処すれば、薄毛の進行を遅らせることができるかもしれません。今回は、女性の薄毛と対処法をご紹介します。

女性に多い薄毛の症状「びまん性脱毛症」

女性の薄毛の症状で最も多いのが、「びまん性脱毛症」。年齢を重ねるとともに表れる、頭皮と毛髪の“老化現象”のようなものです。しかし、近年は若い人にもびまん性脱毛症が増えており、知らないうちに進行してしまいます。手遅れになる前に、早めに対処しましょう。

びまん性脱毛症の進行は気づきにくい?

「びまん性」とは、広範囲に広がっているという意味。健康な状態では、1つの毛穴から髪が複数(3本程度)生えていますが、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスの乱れで、髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまいます。やがては、1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄毛になっていきます。

男性に多い薄毛はM型・O型・複合型で頭皮があらわになります。女性に多いびまん性は頭頂部を中心に全体的に薄くなります

男性に多い薄毛はM型・O型・複合型で頭皮があらわになります。女性に多いびまん性は頭頂部を中心に全体的に薄くなります


男性の場合は、生え際や頭頂部の周辺が極端に薄くなり、頭皮が露出してしまう「男性型脱毛症」になる傾向があります。遺伝や男性ホルモンによる影響が強いといわれていて、毛髪がうぶ毛化し、最終的には毛髪が生えなくなってしまいます。頭皮が露出するため、「ハゲてきた!」と気づきやすい、というわけです。

このように、男女の薄毛には違いがあり、女性の場合は、全体的に徐々にボリュームダウンすることが多いため、薄毛の進行に気づきにくい傾向があるようです。

女性の薄毛、早めに対処するために

あなたは、ご自身の頭頂部をじっくり見たことはあるでしょうか。おそらく「ない」という方が多いことと思います。合わせ鏡をして頭頂部を見てみましょう。想像していたよりも「薄い?」と感じたら、要注意。脱毛がはじまっているかもしれません。

というのも、びまん性脱毛症は、全体的に薄くなるとはいえ、もともと頭皮があらわになっている、頭頂部(つむじ)や分け目から目立ち始めます。時々、頭頂部をチェックしてみると良いでしょう。薄毛の進行に気づき、早めに対処することができます。

閉経後に加速する、女性の薄毛

女性は、閉経後に女性ホルモン(主にエストロゲン)が減少すると、薄毛が一気に加速します。エストロゲンが減少することにより、毛髪自体が細くなったり、毛穴から3本出ていた毛髪が2~1本になったりします。女性の体内にも男性ホルモンが存在しているため、女性ホルモンの減少で男性ホルモンが優位に働き、薄毛になるのではないか、とも考えられています。(ただ、男性よりも男性ホルモンの分泌量は少ないため、男性のようにハゲてしまうまでには至らないようです)

ホルモンの影響の他にも、毛母細胞の働きが弱ったり、動脈硬化が進んで血行不良になったりすることが原因になっています。毛母細胞が減少し、新しい毛髪が生まれなくなっている状態。つまり、頭皮の老化です。年齢を重ねるとともに、薄毛の症状が顕著になってくるのは、仕方がないことなのかもしれません。ですが逆に考えると、頭皮の血行を促進することで、老化の進行を遅らせることはできるかもしれませんね。

問題なのは、この閉経後の薄毛の症状が、若い女性にも起きるケース。どうしてそんな状態になってしまうのでしょうか。

その原因は、次ページへ