若い女性たちにも「薄毛」が急増中

若い世代も抜け毛対策を!

若い世代も抜け毛対策を!

夏の紫外線によるダメージから、秋から冬にかけては抜け毛が増え、薄毛になりがちです。また、今では薄毛は中年以降の男性だけではなく、若い世代の女性たちにも広がってきています。

薄毛には様々な原因がありますが、主に「ホルモン分泌のアンバランス」が考えられます。

・甲状腺機能低下症
・男女ともに加齢に伴う成長ホルモン、甲状腺ホルモンの分泌の低下
・ホルモンの過剰分泌の影響

に分けられ、さらに男性と女性の場合では、

男性の場合: AGA(男性型脱毛症)の場合は、男性ホルモンのひとつDHT作用で頭頂部を中心に成長期が短くなり、毛包が小さく萎縮することで起こる薄毛
女性の場合: 女性ホルモンの低下により、抜け毛が増え、全体的に髪が細くなり、ボリュームが減る。比較的、更年期の女性に多くみられる

などの違いがあります。

ストレスや栄養不足が原因になることも

栄養欠損も薄毛の原因のひとつ

栄養欠損も薄毛の原因のひとつ

他にも、喫煙など「頭皮の血流低下」によるものや「心因性、または身体的ストレス」に伴うもので薄毛になりやすく、そして、今、若い世代も薄毛で悩んでいる女性も増えています。それに大きく影響しているのが飲食物の量と質の不適などによる「栄養欠損」。特に薄毛で悩む人に共通する不足しがちな栄養素は、「亜鉛」「タンパク質」「鉄」「ビタミンB群」です。

正確には、個人個人のデーター分析が必要ですので、もし深刻に薄毛でお悩みの方は、「分子整合栄養学検査」(参考:松倉クリニックグループ)や「ホルモン検査」などで自分の体の状態を中から知り、薄毛治療に役立ててみてください。

薄毛予防のセルフケアはどうすればいいか?次のページで詳しくご紹介します。