髪のコシ・ハリ
髪のコシ・ハリがなくなると、髪はボリュームダウン。対処しなければ、薄毛につながってしまうことも!
「髪にコシやハリがなくなってしまって、ヘアスタイルが決まらない」──こんな悩みを持つ女性は多いようです。この「髪にコシ・ハリがある」とは一体どういうことなのでしょうか。今回は、髪のコシ・ハリを取り戻すためのヘアケアについてご紹介します。

コシ・ハリがある髪とは

「コシ・ハリがない髪」と聞いて、どんな髪を思い浮かべるでしょうか。多くの方は、「細い」「やわらかい」「ネコっ毛」といった髪の毛を想像されることと思います。確かに、細くてやわらかい髪は、コシ・ハリがなく、髪がやせた状態です。

では、「コシ・ハリがある髪」とは、「髪が太い」ということだけなのでしょうか。実は、それだけではないのです。例えば、子どもの髪は大人の髪より細いですが、しっかりしていて、「コシ・ハリ」があります。髪が傷んでいないバージンヘア、つまり、髪の表面を覆うキューティクルが整っていれば、髪の太さに関係なく「コシ・ハリがある」と言えるのです。髪が太くても、キューティクルがはがれている状態ですと、コシ・ハリはありません。

「コシ・ハリがある髪」とは、単に髪の太さだけをさすものではないのです。

髪のコシ・ハリがなくなる原因

髪のコシ・ハリがなくなる「髪やせ」の原因については、次のようなことが考えられます。

1.加齢
加齢により毛母細胞の機能が低下していくと、細くて産毛のような髪しか生まれなくなります。

2.血行不良
頭皮の血行不良が続くと、毛母細胞に栄養が行き届かず、細くて元気がない毛髪になってしまいます。

3.エストロゲンの減少
エストロゲンは、毛髪の発達に関係する女性ホルモン。エストロゲンが減少すると、毛髪の発達が遅くなり、薄毛につながります。

4.脱毛ホルモンの影響
脱毛ホルモン(デヒドロテストステロン)の影響で、毛母細胞での髪の生長を妨げられ、脱毛してしまう。
※ただし、脱毛ホルモンは男性ホルモンにより生成されるので、女性はあまり影響は受けません。

5.誤ったヘアケア
誤ったヘアケアにより、毛髪が細くなったり、キューティクルや頭皮が傷ついたりしてしまいます。

髪のコシ・ハリが失われ、そのまま対処しないで放っておくと、髪はやせてボリュームがなくなり、やがては薄毛につながってしまうことも!

次ページでは、髪のコシ・ハリを取り戻すためのヘアケアについてご紹介します。