汗かきは薄毛を進行させる? 猛暑を乗り切るヘアケア

暑い時期に気になる汗が薄毛を進行させる……?

暑い時期に気になる汗が薄毛を進行させる……?

暑い夏、汗をかきやすい女性は薄毛を進行させる可能性が高いことをご存知でしょうか。「えっ? 毛穴から汗が出て、髪がするっと抜けてしまうの!?」──いえいえ、そうではありません。

今回は、汗が出る汗孔(かんこう)と毛穴の違い、汗が髪と頭皮に与える悪影響について解説します。猛暑を乗り切るヘアケア法も紹介。

 

汗は毛穴から出ない!

ご存知の通り、ヒトは汗をかくことで体温を一定に保っています。当然、頭皮からも汗が出ます。勘違いしている方が多いのですが、汗は毛穴から出ているわけではなく、汗孔という別の場所から出ています。よく「脂っこいものを食べると、毛穴から脂汗が出る」と言われますが、これはウソ。汗は汗孔から、皮脂は毛穴から出ています。

毛穴と汗孔の違いについて

毛穴と汗孔の違いについて

汗孔は毛穴よりも高い位置(皮丘)にあるため、汗は毛穴に向かって流れて、毛穴にどんどんたまっていきます。皮膚表面の角質層が汗でふやけて汗孔や毛穴をふさぎ、汗が皮膚の表面に出にくくなって、皮膚の中にたまってしまいます。それが原因で皮膚の内部で炎症を起こし、湿疹やかゆみを引き起こす原因となります。いわゆる「あせも」もこれに該当します。これらの症状は、ふやけた角質層を水で洗い流すことで予防できます。

皮膚は正常な場合、ph5.2~5.8の弱酸性に保たれていて、細菌や真菌、緑膿菌などの繁殖を防いでいます。汗をかくことで酸性が薄まり、菌が繁殖しやすい環境になります。また、汗は水溶性ですが、毛穴から出た皮脂と混ざり合い、水分のみが蒸発して脂性の汚れに変化します。さらに、ほこりなどと混ざり合って酸化して固くなり、角栓様物質に変化して毛穴が詰まってしまいます。すると皮脂が毛穴にたまり、抜け毛・薄毛の原因となる、頭皮トラブルを引き起こします。

このように、汗をかきやすい女性が薄毛を進行させる可能性が高い理由は、汗によって頭皮が炎症を起こしたり、菌が繁殖したりして、抜け毛を引き起こす原因となっているというわけです。汗と一緒に毛髪がするっと抜けるわけではありません。

頭皮のにおい、汗のせいではない!?

汗をかくと、頭皮のにおいが気になる女性も多いことと思います。実はこれ、汗そのものがにおうわけではなく、皮脂が細菌により分解されて、においを発しています。頭皮には、皮脂が出る皮脂腺が多いのが原因です。1平方センチメートル当たり、頭皮は144~192個、小鼻は96~102個、わきの下は19~55個といわれています。頭皮には小鼻の1.5~2倍もの皮脂腺があるのですから、においが気になるのは当然ですね。また、頭皮は外気にさらされていて、太陽光線に当たって酸化することで、においが倍増します。

とはいえ、ヒトは汗をかいて体温を調整するため、汗が出るのは仕方がないこと。大切なのは、汗をかいた後の対処です。次ページでは、汗をかいた後の対処法について紹介します。

猛暑を乗り切るためのヘアケアのコツも合わせて紹介。→次ページへ