アレルギーが引き起こす、女性の頭皮のフケ・かゆみ

アナタの頭皮のかゆみ、アレルギーが原因かも?

アナタの頭皮のかゆみ、アレルギーが原因かも?

アナタの頭皮のフケ・かゆみ、ひどくなったり治まったりを長期間繰り返していませんか。その症状はアレルギーのせいかもしれません。

アレルギーといえば、ぜんそくや花粉症、アトピーなどを思い浮かべると思いますが、頭皮のフケ・かゆみもアレルギーが原因となって起きることがあります。放っておくと、かきむしって炎症が起き、抜け毛・薄毛につながることも……。今回は、アレルギーとフケ・かゆみの関係性について考えます。

アレルギーが起きるメカニズム

アレルギーとは、本来体内に取り込まれた異物(=抗原、アレルゲン)を排除する免疫の働き(抗原抗体反応)が過剰になることで現れる症状のことです。主な症状としては、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症、食物アレルギー、金属アレルギーなどが挙げられます。

アレルギーによるかゆみが起きるメカニズム

アレルギーによるかゆみが起きるメカニズム

そもそも免疫とはヒトの身体が備えている力で、細菌やウイルスなど、身体の中に本来ない異物を追い出そうとする自然治癒能力のことです。例えば、麻疹やインフルエンザなどの予防接種は、免疫の働きを利用した予防法のひとつ。体内に抗原(ワクチン)を投与してウイルスの情報を体内に入れておくことで抗体ができ、ウイルスを退治したり、重症化を防いだりする効果が期待できます。

アレルギーは本来ならば無害である物質が抗原となり、それに対して攻撃してしまう、免疫機能の異常です。

アレルギーが原因のフケ・かゆみ

アレルギーが原因のかゆみとして、アトピー性皮膚炎が挙げられます。アトピー性皮膚炎はかゆみを伴う湿疹が出る皮膚の病気です。アレルギーを起こしやすい体質の人がさまざまな抗原に反応すると、肥満細胞(※肥満とは関係なく、炎症や免疫反応などの生体防御機構に重要な役割を持つ細胞のこと。顆粒細胞、マスト細胞とも呼ばれる)がヒスタミンなどの炎症性物質を放出します。ヒスタミンは受容体を持つ細胞にくっつき、血流にのって全身に運ばれ、かゆみを引き起こすと考えられています。

かゆみに伴って、フケが増えることがあります。フケは、頭皮の角質細胞がターンオーバー(皮膚の奥から表面へ押し出され、剥がれ落ちるまでの代謝サイクル)して、表皮から剥がれ落ちたもの。頭皮を掻きむしることによって表皮が無理に剥がれ落ちたり、ターンオーバーが異常になって大きなフケが出たりします。

参考:頭皮から女性に警告! フケ・かゆみに要注意

フケ・かゆみを悪化させる原因

アトピー性皮膚炎の症状を引き起こす抗原となりうるものには、次のようなものが挙げられます。

汗、汚れ、ダニ、ハウスダスト、カビ、花粉、動物、細菌、石けん、シャンプー、リンス、化粧品、衣類、ストレス、食べ物など

どの抗原にアレルギー反応を示すのかは、人それぞれで異なります。アレルギー検査には、血液検査やパッチテストなどの方法があり、内科、皮膚科、アレルギー科などで検査できます。

次ページは、アレルギーによるフケ・かゆみを抑える方法について