アラフォー女性のフケは乾燥が原因?

頭皮のかゆみやフケは毎日のケアで軽減できるかもしれません

頭皮のかゆみやフケは毎日のケアで軽減できるかもしれません

毎日シャンプーをしているのにフケが出る。季節を問わず、頭皮がかゆくなる……。人に相談しづらいフケ・かゆみ問題に悩む女性は、意外と多いものです。

特に、40代に突入すると、頭皮の皮脂量や水分量が若いころに比べて大幅に減少するため、いっそうフケや頭皮のかゆみが気になる傾向があるようです。つまり、フケやかゆみは老化現象のひとつとも言えます。

フケは乾燥タイプと脂性タイプの2種類

フケは頭皮環境により、大きく2種類に分かれます。

【乾燥性のフケ】
粉のようにパラパラと細かく、肩や服などに付着しやすいのが乾燥性のフケ。頭皮の皮脂不足による乾燥によって発生します。強い成分のシャンプーで洗いすぎていたり、季節の変わり目で頭皮が乾燥したり、シャンプーのあとにドライヤーで乾かさないまま寝たりすることで乾燥性のフケとなることがあります。

【脂性のフケ】

乾燥性のフケとは対照的に、フケ自体がじめじめと脂っぽいのが特徴。原因は、頭皮の過剰な皮脂分泌や菌の影響などが考えられます。肌がテカテカと脂っぽい人は、頭皮の皮脂量も多い傾向があります。また、シャンプーで毛穴の周りに付いている皮脂をしっかりと取り切れていないと発生することも。

乾燥性のフケに注意! 正しいケア方法とは?

頭皮ケアアイテムと言えば男性向けのものが多かったため、「フケ=皮脂性」のイメージが強く、予防策としてシャンプーに力を入れている方も多いのではないでしょうか?

ただし、これは男性の加齢によってできるフケに有効な対策。40代以降の女性の頭皮は皮脂量・水分量が大きく低下するため、発生するのはほとんど乾燥性のフケです。乾燥を悪化させる原因と対策を5つ挙げていきましょう。

1.シャワーのお湯の温度はぬるめにする

熱い温度のお湯で洗うことで頭皮が乾燥してしまいます。38度くらいのぬるま湯でしっかりと湯洗いしてからシャンプーすることが大切。

2.シャンプーは優しくする

ごしごしと洗うと摩擦で頭皮が乾燥してしまいます。シャンプーする時は指の腹で下から上に頭皮を優しく揉み洗いましょう。

3.肌に優しい天然成分のシャンプーを使う

天然成分のシャンプーで少し薄めてながら地肌に直接付けて洗いましょう! 強い成分のシャンプーは避けてください。

4.ドライヤーはしっかりかける

シャンプー後の自然乾燥は菌の繁殖を増加させます。ですので、しっかりとドライヤーで乾かして菌の繁殖を軽減させましょう。

5.頭皮の乾燥には頭皮専用エッセンスを使う

乾燥は頭皮の老化を早める原因に。お肌に毎日化粧水を付けるように、頭皮にも頭皮専用のエッセンスを付けて潤いを与えてあげましょう!

上記のケアをしてもフケが治まらない時は、原因が頭皮の乾燥ではないかもしれません。殺菌効果の高いシャンプーを使ってみるのもアリですよ。

■参考文献
『新ヘア・サイエンス』(社団法人 日本毛髪科学協会)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。