抜け毛が増加する春だからこそ、めざせ“こんにゃく頭”

目指せこんにゃく頭!

目指せこんにゃく頭!

春は抜け毛が増加する季節。だからこそ、新しく生えてくる毛髪が健康であるよう、土台である頭皮を健康に保ちたいものです。今回は頭皮について、その構造やケアの方法をくわしくご紹介いたします。

頭皮は表面だけにあらず

“頭皮”というと頭の表面だけをイメージしがちですが、医学的には頭蓋骨から表面までの組織を指します。頭皮は表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されており、皆さんが頭皮と思っているのは表皮にあたります。この表皮はさらに、角質層、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層、基底層に分かれています。
左:頭皮の構造……表皮、真皮、皮下組織の3層で構成
右:表皮の構造……角質層、顆粒層、有棘層、基底層で構成

基底層では、若い細胞が次々と生まれ、細胞分裂を繰り返しながら、表面にある角質層に上がっていきます。最後には、角質層で細胞核を失い、剥離してしまうのです。これがフケやあかです。基底層で細胞が生まれてから剥離するまでのターンオーバーの期間は、約40日で1サイクルとされています。どんどんたまっていく角質層の細胞(つまりフケやあか)をきれいに取り除くことで、頭皮の新陳代謝が図れるのです。
 

頭皮はやさしく扱って!

ただし、角質層は0.02mmくらいで、ラップほどの厚さしかありません。だから、ゴシゴシと頭皮をこすったり、爪を立ててシャンプーしたり、硬いブラシで強くブラッシングしたりすると傷ついてしまいます。角質層を含む表皮はその下にある組織を、暑さや寒さ、紫外線、摩擦や圧迫、科学的物質などの外部刺激から守る役割を果たしています。その表皮が傷ついてしまうと、組織の内部にまでダメージを与えてしまい、炎症などの原因となりますので、頭皮はやさしく扱ってください。
 

頭皮は年を重ねると薄くなる!

頭皮は年齢を重ねるにしたがって、薄くなっていきます。重力で下に引っ張られてしまうせいです。マッサージなどで適度な刺激を与えて血行をよくすることで、若い頃の厚さを保つことができます。頭皮に厚みのある“こんにゃく頭”を保つことは、健康な毛髪を生み出すことにつながります。
 

“こんにゃく頭”になるための頭皮ケア

頭皮ケア
いつでもどこでもできる頭皮マッサージで、こんにゃく頭に!
健康な髪を生み出す“こんにゃく頭”になるために、次のようなことに気を付けて日々を過ごしましょう。
 

頭皮を清潔に保つ

やはり一番大切なのは、頭皮を清潔に保つこと。1日1回は、髪を洗うようにこころがけましょう。シャンプーを使わなくても、髪を熱めのお湯で流すだけでも効果的です。シャンプーを使った後は、時間をかけてよく流してください。特に注意したいのが、朝シャン。短時間ですませる人が多いと思いますが、それではシャンプーの成分が髪や頭皮に残ったままになってしまい、かえって炎症を引き起こす原因になってしまいます。シャンプーは1日1回、余裕のある時間に使いましょう。
 

“毛穴ケア”で徹底的に洗浄する

毛穴は、表皮の下の真皮にまで達しています。その毛穴のくぼみは漏斗部(ろうとぶ)と呼ばれ、ターンオーバーして剥離したフケやあかがたまります。それらは、やがて硬い塊である角栓様物質(かくせんようぶっしつ)となり、毛穴をふさいでしまいます。

すると漏斗部とその周囲に存在する菌が繁殖し、気づかないうちに炎症が進行してしまうことも。気づいたときには炎症の範囲が広がり、赤くなったり、強いかゆみを引き起こしたりしてしまいます。特に、皮脂がたくさん出る脂性の方の毛穴には、菌だけでなくダニも存在することがわかっています。

菌の中には、空気にふれるのが嫌いな嫌気性菌(けんきせいきん)という種類のものも存在し、外気にふれないよう、毛穴の奥で繁殖します。それらは、通常のシャンプーでは取り除くのが困難です。

炎症や菌の繁殖を防ぐためには、週に1回ぐらい徹底的に毛穴ケアを行うことをおすすめします。毛穴ケアの方法については、下記の記事でくわしくご紹介していますので、ご覧ください。自分でケアするのが「不安」「面倒」という方は、月に1回程度、育毛サロンなどプロにおまかせするのもよいでしょう。
 

頭皮マッサージで血行を促進させる

毛包(皮膚の内部で毛を包んでいる部位)の回りには、細い血管が網目のように張り巡らされています。そして、動脈から毛髪に栄養が与えられています。栄養分は毛髪の毛根にある毛母細胞だけでなく、表皮の下にある毛髪側面からも吸収されているのです。

血行が悪くなると、毛髪のすみずみに栄養が行きわたらず、健康な毛髪が生まれなくなってしまいます。また、頭皮の血行が悪くなると新陳代謝も悪くなり、細胞が活発に生まれなかったり、分裂しなくなったりします。やがては、薄くて硬い頭皮になり、ますます健康な髪を生み出せなくなります。

そうなるのを防ぐのが、顔ヨガや頭皮マッサージ。首から上の血行をよくすることで、新陳代謝を良くし、フカフカの柔らかい頭皮になれることと思います。

バランスよい食事をとる
血液の流れがよくても、血液そのものが汚れていたら意味がありません。きれいな血液になるには、やはりバランスのよい食事をとるのが一番。毛髪の原料であるアミノ酸を多く含む良質のタンパク質や、髪によいビタミンA、B6、E、ミネラルを積極的に摂取しましょう。髪に良い栄養素、メニューについては下記の記事をご覧ください。

いかがでしたか? 健康な髪は、健康な頭皮から生まれます。フカフカの“こんにゃく頭”になって、サラ・ツヤ髪をめざしてください。

【関連記事】
・手ぐしだけでは効果ない!へアブラシで髪を正しくお手入れ・頭皮ケア
・驚きの変化!ヘアブラシを使うだけでつやつやの美髪になる方法
・パサつく髪を「ツヤ髪」に変える方法6つ! 髪はツヤがあれば若返る
・頭皮マッサージで美髪を育てる! 効果・おすすめやり方
・天然毛と人工毛はどう違う?ヘアブラシの種類と選び方
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。