日々の生活で髪はダメージを受けている

ダメージヘア

髪は日常生活でたくさんのダメージをうけています

毎日ちゃんとシャンプーしてコンディショナーしているのに、日に日に髪が傷んでいく……。そう感じている方は多いのではないでしょうか。パーマやカラーをしていないから髪にはあまりダメージを与えていないと思ったら大間違い。

髪は紫外線、熱、摩擦、静電気でダメージを受けてしまうので、外出や髪をふくといった日常生活内でたくさんのダメージを受けています。毎日ちゃんとケアしているつもりでも「与えているダメージに対してケアが追い付いていない」という方が結構多いです。

髪は自己修復機能を持たない死んだ細胞

髪をケアするうえで認識して頂きたいのが「髪は死んだ細胞」ということ。私たちの体は約60兆個の細胞で出来ていて、その細胞は「生きている細胞」と「死んでいる細胞」に分けることが出来ます。生きている細胞には皮膚や骨、筋肉があり、一方死んでいる細胞には髪や歯、爪などがあります。

この死んだ細胞と生きた細胞の違いは自己修復機能があるかどうか。生きている細胞の皮膚を切ると痛いですし血も出ますが、バンドエイドをしておけば傷は自然と治ります。生きた細胞にはダメージを受けても自ら治す力、自己修復機能があるのです。しかし死んだ細胞の髪は切っても痛くないですし、枝毛をほっておいても、もとには戻りません。自己修復機能のない死んだ細胞の髪に与えたダメージはケアしないとそのままの状態が続くので、髪はお肌以上に丁寧に扱ってケアもしっかり行わないといけないのです。

美しい髪を保つために「水分」や「たんぱく質」を補う

美しい髪の条件は80%のタンパク質と11%の水分、5%の脂質のバランスがとれていること。新しく生えてきたときにこのバランスが取れていても、日々受け続けるダメージによりこのバランスを失っていきます。

死んだ細胞の髪は失った成分を、自らとり戻すことは出来ませんから、毎日のケアでしっかりと補ってあげることが大切です。毎日ケアしているつもりでも、ダメージが気になるという方は、失う量に対して補う量が足りないということが言えます。

いつものアイテムでヘアケア効果をUP!

傷んだ髪は日々のケアで修復!

傷んだ髪は日々のケアで修復!

そこでご紹介するのが、痛んだ髪をレスキューする緊急ヘアケア方法。やり方はとっても簡単で、しかもアイテムはいつも使っているコンディショナーやトリートメント。

いつものお手入れでも使い方を少し変えるだけで、アイテムの効果がグンッとアップするので、ぜひ試してみてください。

 

痛んだ髪を修復する緊急ケア6ステップ

すすぎ

シャンプー剤が髪に残らないよう、すすぎは念入りに

1.シャンプー後いつもより念入りにすすぎます
シャンプー剤が髪に残っていると、コンディショナーの浸透を妨げてしまいます。髪のヌメリがなくなってから、さらに念入りに髪をすすぎましょう。




 
水切り

水分を取る事で成分の浸透が高まります

2.髪の水分をしっかりと取り除きます
髪の水分が多すぎるのも、コンディショナーの浸透を妨げます。絞るようにして髪の水分を取り除きましょう。





 
トリートメント

ダメージのひどい場所には少し多めに

3.毛先を中心にコンディショナーやトリートメントを髪につけます
ダメージの多い毛先を中心に、揉み込むようにコンディショナーをつけて行きます。つける量は髪の束を絞った時に、指の間から少しはみ出るぐらいが適量です。



 
手グシ

手グシで髪になじませます

4.クシや手グシ髪一本一本にコンディショナーが行き渡らせましょう
全体にコンディショナーをつけたら、髪一本一本に行き渡るように、ブラシや手グシを使ってコンディショナーを伸ばしていきます。



 
シャワーキャップ

密封することで成分の浸透力を高めます

5.シャワーキャップをかぶって5分置きます
すぐには洗い流さずに、シャワーキャップをかぶって5分ほどおきます。スチーム効果で成分が内部まで浸透します。



 
すすぎ

トリートメントが頭皮に残らないようにすすぎます

6.最後にいつものようにコンディショナーをすすぎます
5分たったらいつものようにコンディショナーをすすいで終わり。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。