ヘアブラシの種類と正しい選び方・使い方をお悩み別に解説!

ヘアブラシにはたくさんの種類があります。

ヘアブラシにはたくさんの種類があります。


ドラッグストアやバラエティショップに行ってみると、たくさんのヘアブラシやくしが並んでいますよね。天然毛や人工毛、樹脂や木製など、素材や形、大きさが違ものまで様々な種類がありますが、どんな効果があるか正しく知っている人は、意外と少ないのではないしょうか? 今回は、ヘアブラシの種類と正しい選び方をお悩み別にご紹介します。
   

ヘアブラシの8つの効果とは? 髪のツヤ出しや頭皮ケアにも

美髪ケア

「ヘアブラシ」は毎日の美髪ケアに欠かせない!

毎日何気なく使っているヘアブラシ。ただ髪の乱れを整えるための道具と思われがちですが、実はそのほかにも様々な役割があります。まずは、このヘアブラシが持つ8つの効果を理解しておきましょう。

1.髪の毛のほつれを取り除く
2.髪の毛のほこりや汚れを取り除く
3.髪の毛にツヤを出す
4.髪型を整える
5.髪の毛のキューティクルを整える
6.頭皮の皮脂や汚れを取り除く
7.頭皮の血行促進をする
8.髪と頭皮を紫外線から守る

このようにブラッシングひとつで、髪の毛をとかすだけでなく、髪と頭皮の健康を手に入れることができます。ヘアブラシの素材や形状によってその効果も異なるので、目的に合わせてブラシを使い分けることが美髪への近道です。

ここでは、代表的なヘアブラシを4タイプご紹介しますので、自分の髪質やお悩みに合わせて選んでみましょう。
 

髪にボリュームを出すなら「クッションブラシ」「スケルトンブラシ」

スケルトンブラシ・クッションブラシ

「クッションブラシ」や「スケルトンブラシ」で髪のボリュームをアップ

髪がペタンコでボリュームが出ない……そんな方には、目が粗いタイプのヘアブラシがおすすめ。下を向いて、髪の流れに逆らうようにとかすことで、根元を立ち上げ、全体的にボリュームを出すことができます。

■ナイロンブラシ
→地肌にしっかり当てることで、ふんわりとボリュームアップ。

■クッションブラシ
→ラバー部分の中央が盛り上がっているのが特長。髪全体に当てやすい形になっていることで、髪にボリュームが!

■スケルトンブラシ
→すき間が大きく、中に空気をたくさん含ませてあげることでボリュームアップ。
 

髪のボリュームダウンをさせる「デンマンブラシ」「天然毛ブラシ」

天然毛ブラシ

「天然毛ブラシ」はボリュームダウンにおすすめ

髪の毛が多くてヘアセットに困っている方は、こんなブラシを使ってみては? 梅雨時期の水分を含んだ髪にもおすすめ。頭頂部から下に向かって、なでるようにとかしてあげることで、ボリュームダウンしてくれますよ!

■デンマンブラシ
→ラバー部分のクッション性が低く、とかすだけでボリュームダウン。

■天然毛ブラシ
→猪や豚の天然の毛に含まれた水分と油分がキューティクルを整え、まとまりやすい髪に。
 

髪にツヤがなくパサつくときは「コームタイプ」「天然毛ブラシ」

コーム(つげ櫛)

油分を含んだ「コームタイプ(つげ櫛)」でツヤ髪に


髪がパサつく人は、櫛やブラシに含まれている油分に注目! 地肌から毛先に向かって優しく数回ブラッシングすることで、より自然なツヤが出ます。

■コームタイプ(つげ櫛)
→板状で目が1列に並んでいるタイプ。製作の際に椿油がしみ込ませてあるため、椿油の効果でツヤ髪に。

■天然毛ブラシ
→猪や豚の天然の毛に含まれた水分と油分が、キューティクルを整え、ツヤがアップ。
 

抜け毛や白髪対策には「ウッドピンブラシ」「スカルプブラシ」「パドルブラシ」

スカルプブラシ

頭皮へのマッサージ効果も期待できる「スカルプブラシ」

髪の毛をケアするだけでなく、頭皮をケアするブラシもあります。白髪や抜け毛、薄毛予防のための頭皮マッサージにもおすすめ。大人世代なら一本は持っておきたいアイテムです。

使い方は、生え際から頭頂部に向かって優しくなでるようにとかすのがコツ。下から上に血流を運ぶイメージでブラッシングすることで、マッサージ効果がアップ。髪の一本一本に栄養が行き渡ります。

■木製ウッドピンブラシ
→目が粗く、毛(ピン)にも木が使われているので、頭皮に適度な刺激を与えてマッサージ効果も!

■スカルプブラシ
→ナイロン製のものが多く、毛先に丸いピンのような物がついているのが特長。頭皮の角質や皮脂を取ってくれることで、地肌をきれいにして抜け毛予防にも。

■パドルブラシ
→サイズが大きく、忙しい時でも短時間でブラッシングを済ませることが可能。クッション性があるので、頭皮にも優しいのが特長。

美しい髪を保つためには毎日のケアがとても大切。シャンプーやトリートメントなどのアイテムだけではなく、目的に合わせたブラシを取り入れて、ぜひ美髪ケアを始めてみませんか?

【関連記事】
編集部おすすめの購入サイト

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。