あなたの頭皮にも、菌やダニが棲んでいます。頭皮トラブルの原因は、増えすぎること!

あなたの頭皮にも、菌やダニが棲んでいます。頭皮トラブルの原因は、増えすぎること!

頭皮は温度、湿度とも菌やダニが棲みやすい環境。そう、あなたの頭皮にも菌やダニが存在しているのです! しかし、「えっ! すぐに退治しなければ……」とあせらなくても大丈夫です。菌やダニは悪影響を与えるだけでなく、頭皮にとって必要な存在でもあります。菌やダニが適度に存在する、理想的な頭皮を保つためのケアをお教えしましょう。

頭皮に存在する「菌」とは

菌には、常在菌と一時菌があります。一般的には、空気中に1立方メートル当たり8000~3万5000個、土壌には1グラム当たり10億~1000億個存在しています。ヒトの頭皮には、980億個(※)の常在菌が存在するといわれます。
※1平方センチメートルに1億4000万個、頭皮の平均は700平方センチメートルとして計算

常在菌は善玉菌と呼ばれ、黄色ブドウ球菌などのブドウ球菌類、アクネ菌、マラセチア菌などの真菌類があります。ブドウ球菌類とアクネ菌は、余分な皮脂を食べ、余計な菌を増やさず、身体の耐菌性を高める働きを持っています。真菌類は角質の中に棲むカビの一種で、剥がれた角質(アカ)を食べて分解し、新陳代謝を高める働きを持っています。ブドウ球菌類、アクネ菌は毛穴や毛の漏斗部に、真菌は角質の中に生息しています。

一時菌は悪玉菌といわれています。連鎖状球菌、大腸菌、枯草(こそう)菌、緑膿(りょくのう)菌などがあり、外部から付着します。頭皮に付着すると、急激に増え、かゆみなどの悪影響を与えます。一時菌は、水またはシャンプーで洗い流すことで除去することができます。

善玉菌である常在菌ですが、増え過ぎると悪影響を与える悪玉菌になってしまいます。例えば、アクネ菌が増え過ぎると、皮脂を食べて分解されてできた遊離脂肪酸が増え、それがアレルギー物質となって頭皮に刺激を与え、激しいかゆみやしっしんが出たりします。また、真菌が増え過ぎると、新陳代謝が活発化して、フケが急増します。

頭皮にダニが棲んでいる!?

もうひとつの「ダニ」は、皮膚ダニ(デモデックス)、ニキビダニと呼ばれています。ヒトの身体では、皮脂腺が発達している顔面や頭皮の毛穴に生息しています。1つの毛穴に1~3匹程度いるとされます。一般的に頭髪は10万本ありますから、3匹いた場合、頭皮には30万匹も生息していることになります。

皮膚ダニは余分な皮脂を食べ、頭皮を清潔に保つ働きがあります。しかし、皮膚ダニが増え過ぎると、悪玉菌と同様に頭皮に悪影響をもたらします。例えば、皮脂を食べすぎて乾燥頭皮になったり、毛根の栄養を吸い取りすぎて異常な脱毛を引き起こしたりします。また、ヒトの睡眠中に、皮膚表面に出て死んだり、排泄物を出したりし、それらがアレルギー源となり、頭皮に激しいかゆみをもたらすこともあります。

頭皮がかゆくなる・フケが増える・しっしんが出る・赤くなるなどの症状が出たら、菌や皮膚ダニが増殖している可能性大。適切な頭皮ケアを行いましょう。

次ページでは、菌やダニが適度に存在する、理想的な頭皮を保つためのケアを紹介します。