正しいシャンプーの使い方
すすぎはていねいに「シャンプーよりも時間をかけて」という気持ちで!

正しいシャンプーの使い方

これまでの記事でも、髪の洗い方についてご紹介してきましたが、再度、シャンプーの正しい使い方についておさらいしてみましょう。

1.ブラッシングする
お風呂に入る前、髪が乾いているときにブラッシングしておきましょう。ブラッシングで、髪についたホコリやゴミを落とし、毛のもつれをほぐします。

2.お湯で流す
シャンプーをつける前に、髪と頭皮をお湯で流します。汗やホコリ、ヘアケア剤など水溶性の汚れを落とし、髪の毛を膨潤させて脂性の汚れを浮き上がらせます。実はこの時点で、髪は70%程度もきれいになっています。

3.シャンプーを頭皮につける
シャンプーは髪ではなく、頭皮につけるようにしましょう。シャンプーは泡が多いと汚れがよく落ちる、というわけではありません。たくさん泡立てようとして、ついつい多めにシャンプーを出してしまいがちですが、それぞれの使用量の目安を守りましょう。

4.頭皮をやさしくマッサージするように洗う
シャンプーは髪を洗うというよりも、頭皮を洗うということに重点をおきましょう。指のはらで頭皮をやさしくマッサージするように洗います。このとき、手を大きく動かして、ごしごしと洗わないように。指先の動きは細かくして、頭皮をやさしく動かすようにして洗います。こすりすぎたり、爪を立てたりすると、頭皮を傷つけ、薄毛の原因になりますので、ご注意ください。

また、髪の毛は、自然に広がった泡でちゃんと洗えています。くれぐれも髪はゴシゴシとこすらないように。ダメージヘアの原因となってしまいます。

5.よくすすぐ
頭皮全体を洗った後は、お湯でよくすすぎます。シャンプー剤が髪や頭皮に残らないよう、時間をかけてていねいに。「シャンプーよりも時間をかける」という気持ちですすぐとよいでしょう。

シャンプー後は、リンスやコンディショナー、トリートメントで髪を保護しましょう。

今回はシャンプーの選び方と正しい使い方について、おさらいしてみました。髪と頭皮にやさしいシャンプーを使い、正しくシャンプーすれば、健康な頭皮に生まれ変わることができます。健康な頭皮からは、美しいツヤ髪が生まれてくるでしょう。髪のことで悩んでいる方は、一度シャンプーを見直してみてはいかがでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。