話題の美顔ローラーで頭皮マッサージを

美顔ローラーを使って、簡単に頭皮をマッサージしましょう

美顔ローラーを使って、簡単に頭皮をマッサージしましょう

「肌がきれいになる」「小顔になれる」と話題の美顔ローラー。お手軽な美顔器なので、持っている方も多いのではないでしょうか。その美顔ローラー、顔だけでなく頭皮にも使ってみませんか? 手が疲れることなく、簡単に頭皮マッサージができます。

そもそも美顔ローラーは、お肌の血行を促進させるためのもの。形状にもよりますが、頭皮に使えるものも多く、最近では頭皮専用ローラーも登場しているようです。今回は、美顔ローラーを使った頭皮マッサージの方法をご紹介します。 

頭皮の血行を促進すると、薄毛・抜け毛の予防につながる!

頭皮の血行促進と薄毛・抜け毛の関連性についてご説明しましょう。血液は、細胞に酸素や栄養を届け、老廃物を回収する役目を担っています。

頭皮の血行が悪くなると、美髪を生み出す毛母細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなり、老廃物も停滞します。やがては毛母細胞の働きが悪くなり、細く、不健康な毛髪しか生み出せなくなってしまいます。

健康な毛髪を生み出す毛母細胞を維持するためには、頭皮の血流を促進することが大切、というわけです。美顔ローラーを使えば手軽に頭皮マッサージができますが、本当に効果的なのか、美顔ローラーを使って実験してみました。

今回使用したのは、卵型の美顔ローラー「ユビタマゴ」。All Aboutスタイルストアで発売されている商品です。

美顔ローラーでの頭皮マッサージの効果は?

血行が良くなったかどうかは、頭皮温度の上昇で確認することができます。以下の要領で、美顔ローラーによる頭皮マッサージの効果を測定してみました。

【測定方法】
・マッサージ前の頭皮温度(頭頂部・前頭部・左右側頭部・後頭部)を測定する
・10分間かけて、頭皮から首すじ、肩、背中を「ユビタマゴ」でマッサージする
・マッサージ直後の頭皮温度を測定する
・マッサージから10分後の頭皮温度を測定する

私ども皮膚臨床薬理研究所の男性社員に(次ページのマッサージ法で)10分間マッサージし、頭皮温度(頭頂部・前頭部・左右側頭部・後頭部)を4日間測定しました。下記グラフは、各部分の温度を1日ごとに平均し、グラフ化したものです。

マッサージ前後の頭皮温度の変化(4日間・皮膚臨床薬理研究所調べ)

マッサージ前後の頭皮温度の変化(4日間・皮膚臨床薬理研究所調べ)


1日目から4日目の天候・気温・湿度は次の通り。
・1日目(雨、気温10度、湿度85%) ・2日目(晴れ、気温19.1度、湿度45%)
・3日目(曇り、気温16.3度、湿度72%) ・4日目(晴れ、気温13.1度、湿度39%)

いずれの日も、天候や気温、湿度に関係なく、マッサージ直後の頭皮温度は上昇しており、美顔ローラーによる頭皮マッサージは血行促進効果があることが証明されました。

マッサージ効果が10分後も持続するかどうかも測定してみました。しかし、湿度が低い日は汗などが蒸発しやすく、頭皮の温度を下げる傾向があります。 今回の測定方法では、10分後の頭皮温度とマッサージ効果の関係性は、天候・気温ではなく、湿度に大きく左右されることがわかりました。

毎日の温度変化をみると、日ごとにマッサージ前の皮膚温度が上昇しており、大変よい傾向がうかがえます。頭皮マッサージを続けることで、高い頭皮温度、つまりは血行の良い状態をキープすることができると考えられます。1日10分くらいが効果的ですが、忙しければ5分でも構いません。毎日続けることが大切です。

次ページでは、美顔ローラーを使った頭皮マッサージの方法をご紹介します。