頭皮のたるみを解消して、女性の薄毛を予防!

顔のたるみが気になる女性は頭皮もたるんでいる!

顔のたるみが気になる女性は頭皮もたるんでいる!

顔のたるみは、女性の老化現象のひとつとされています。鏡を見て、二重アゴになった、ほうれい線が目立つ、目の下がふくらんできた、ほほのラインが四角くなった……と感じてきたら要注意。着々と顔のたるみが進んでいる証拠です。

顔と頭皮は一枚肌。たるみの原因は、実は「頭皮のたるみ」にあります。しかも、頭皮のたるみは顔のたるみを増長させるだけでなく、女性の薄毛の原因になる場合も。今回は、頭皮がたるむ原因とその対処法について紹介します。

 

頭皮がたるむ原因とは

まずは、頭皮がたるむ原因について。頭皮というと頭部の表面だけをイメージしがちですが、医学的には頭蓋骨から表面までの組織を指します。頭皮は表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されており、皆さんが頭皮と思っているのは表皮にあたります。この表皮はさらに、角質層、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層、基底層に分かれています。
頭皮・表皮の構造について

頭皮・表皮の構造について

皮下組織は脂肪でできています。年齢とともに顔や頭皮の筋肉が弱るとこれらの脂肪を支えられなくなり、重みで下がっていきます。これが「たるみ」です。合わせて、重力によって頭頂部が左右前後に引っ張られて下がることも、たるみの原因となります。これらの原因が複合的に合わさることで、頭皮全体がたるみ、顔のたるみにつながっていきます。つまり、顔のたるみを感じている女性は頭皮もたるんでいる、ということになります。

頭皮・毛穴のたるみが薄毛につながる

次に、頭皮のたるみが薄毛の原因となる理由について説明します。頭皮がたるむ=頭頂部が薄くなり、圧迫されることで、頭皮がかたくなって弾力を失い、血流が悪くなります。その結果、頭皮(=皮膚)の細胞や毛母細胞が栄養不足に陥り、ひょろひょろとした細い毛髪しか生み出せなくなり、やがては薄毛につながってしまいます。

頭皮のたるみによって毛包(=毛穴より下にある毛髪を取り囲む組織)がゆがみ、クセ毛のような萎縮毛が増加してしまいます。さらに頭皮のたるみが進んで毛包が圧迫されると、細毛が増えてボリュームダウンしてしまいます。

頭皮の水分が失われることも、頭皮がたるむ原因となります。ハリ・弾力がある頭皮は潤いがあり、そのおかげで毛穴の形が丸く、ふっくらとしています。頭皮の表皮がダメージを受けて頭皮内部の水分が減少すると、頭皮にハリがなくなり、毛穴が楕円形になってしまいます。毛包がゆがむのと同様に、細毛・薄毛の原因となります。

合わせて、頭皮のたるみは毛穴のたるみにもつながります。毛穴がたるむと毛髪の周りのくぼみが広がり、そこに皮脂、ホコリ、汗がたまって細菌が繁殖しやすい環境になります。細菌が繁殖すると、毛髪を生み出す毛根や表皮が刺激を受け、いたみ・かゆみを引き起こします。それらが原因となって毛包が炎症を起こし、抜け毛・薄毛につながります。

頭皮のたるみと毛穴のたるみは並行して進んでいきます。それらが細毛・抜け毛・薄毛を引き起こし、気づいた時には全体的に毛髪がボリュームダウンしている状況に陥っている、というわけです。

次ページでは、頭皮・毛穴のたるみを予防するための対処法を紹介します。