帽子をかぶると薄毛に!? 女性の髪の悩みQ&A

女性の抜け毛・薄毛の悩み……誰にも相談できずに悩んでいませんか?

女性の抜け毛・薄毛の悩み……誰にも相談できずに悩んでいませんか?

女性の薄毛の悩み……友人・知人には相談しづらいものですよね。今回は読者の皆様からいただいた、髪の悩みについての質問にお答えします。さまざまな年代の女性が、薄毛で悩んでいることがうかがえます。

■Q1:20代なのに、髪が薄いんです……。対処法はありますか?

A1:若い女性が、通常のヘアサイクルを経ないで髪が抜ける症状「若年性脱毛症」が疑われます。若年性脱毛症は、頭皮や毛母細胞の老化ではなく、さまざまな原因によってヘアサイクルが正しく機能していない状態のこと。正常な場合、5~7年かけてヘアサイクルを繰り返し、髪が生え変わっていきます。若年性脱毛症になると、ヘアサイクルの途中で髪が抜けたり、毛穴から出る本数が少なくなったりして、全体的に薄くなってしまいます。
正常な場合のヘアサイクルundefined(1)成長期(5年~7年) (2)退行期(約2週間) (3)休止期(約3ヵ月) (4)脱毛

正常な場合のヘアサイクル (1)成長期(5年~7年) (2)退行期(約2週間) (3)休止期(約3ヵ月) (4)脱毛


若年性脱毛症の原因には、過度なダイエット、ヘアケア剤の誤使用、頭皮の血行不良、女性ホルモンバランスの崩れ、治療のための投薬の副作用などが挙げられます。下記の記事に詳しく記載していますので、参考にしてください。

参考記事:若い女性でも薄毛に…?若年性脱毛症の恐怖

若い方は新陳代謝が活発なこともあり、原因を特定し、早めに対処することで症状の改善が期待できます。薄毛が気になる女性は、早めに育毛の専門家や頭皮ケア専門サロンに相談しましょう。


帽子をかぶることで、抜け毛・薄毛のリスクは高くなる!?

帽子をかぶることで、抜け毛・薄毛のリスクは高くなる!?

■Q2:職業上、帽子をかぶっています。通気性が悪い上に、ピンでとめることで髪に負担がかかり、抜け毛・薄毛の原因になると聞きました。ホントでしょうか? 

A2:帽子をかぶることで抜け毛・薄毛のリスクは高くなります。しかし、頭皮を清潔に保つことで、リスクは軽減できるでしょう。

帽子をかぶると抜け毛・薄毛のリスクが高くなる一番の理由は、頭皮が蒸れること。頭皮が蒸れることで、皮脂やフケが汗と混じって毛穴につまったり、雑菌が繁殖したり、頭皮にとって好ましくない環境になってしまいます。それが原因で、抜け毛・薄毛のリスクが高くなるというわけです。休憩中などは帽子をとって、汗を拭きとったり、指でとかして風を入れたりし、頭皮が蒸れないようにしましょう。

また、ピンなどで留めると、ピンでひっぱられた部分に力がかかって毛髪が抜けやすく、頭皮や毛穴が傷つくと健康な髪が生まれにくくなるリスクが考えられます。なるべく、同じところにピンを留めないように気をつけるだけでも、抜け毛・薄毛のリスクは低減できるでしょう。

帽子をかぶることが多い女性は、毛穴の汚れを徹底的に落とすことで、清潔な頭皮状態をキープすることができます。週に1回程度、シャンプーの前のオイルマッサージをおすすめします。

次ページでは、乾燥頭皮と髪が細くなっている女性の悩みにお答えします