今回はこんな質問が届きました
「40代に入って髪の毛が薄くなってきた……今からケアするにはどうしたらいい?」

Q. 若い頃はハリがねみたいな剛毛でしたが、40代になってからは髪の毛が全体的に細くなってきました。頭頂部の髪も若干薄くなってきたような……。今できるケアはどんなことがありますか? ホームケア、マッサージなどあれば教えて下さい。(40代・会社員)



A 薄毛が気になったらすぐスタート!まずは頭皮マッサージから。私はマッサージブラシを愛用してます。

40代女性の薄毛対策、まずは頭皮マッサージから!

40代女性の薄毛対策、まずは頭皮マッサージから!

そうなんです。髪は年齢と共にやせてくるんです。どんなに髪の多い人でも剛毛の人でも、生え際や頭頂部、てっぺんは少なからず薄くなってきちゃう。私も30代後半くらいからボリュームがなくなってきたな、って感じてましたもん。もちろん個人差もあるし、中には80代でも髪の毛がふさふさ~なんてうらやましい方も稀にいらっしゃいますが、ま、それはごく少数ですよね。一般的には、年齢と共に髪の毛全体が細くなり、本数が減り、さみしくなってきちゃうようです。

その薄毛の原因のひとつは、頭皮の衰え。髪を育てる頭皮が加齢で老化してくるのです。そう、頭皮も肌と同じなんです。新陳代謝が落ちて血行が悪くなります。すると頭皮のすみずみまで栄養が行き渡らなくなる。例えるなら、頭皮は畑。畑の土壌がよい状態でないと、作物である髪の毛はやせ細ってきます。

さらに、髪の毛の生まれ変わりのサイクルも低下するので、抜け毛が増え、髪の本数自体も減ってくるわけです。最近の調査で、薄毛の人の多くは頭皮が硬い、ということもわかってきています。頭皮が硬い、土壌が硬いと栄養が吸収しづらいということなのでしょうね。そこで、どんなお手入れがいいかというと、もうおわかりですね。“頭皮の血行をよくする”マッサージ! お金もかからないし、ちょっとの手間でできますよ!

ちなみに私は、頭皮用ブラシを愛用しており、家の目につくところに置いて、気がついたらやってます。お風呂場にも置いて、シャンプーする時も使います。いろんなタイプを持っているのですが、お気に入りは『シリコン素材で頭皮をもみほぐすブラシ』。これを地肌に当ててモミモミ動かすと、ほどよい刺激で気持いいんですよ! メンズ関連のヘアケア用品の売り場で売ってます。他には、髪の毛をとかすように地肌を適度に刺激する頭皮用ブラシ、振動でマッサージする電動式のものも。家にはこのような頭皮マッサージをするものが色々あって、テレビを見ながら、仕事をしながら使ってます。私、けっこうマメに地肌を揉みほぐしていますね。

中でも、効率がよくて効果的なのはシャンプーするとき。シャンプーブラシを使って、洗ってます。正直言うと、自分の手で頭皮をマッサージしようとすると、案外面倒臭くなっちゃって……毎日のことだから。でも、ブラシなら簡単。力を入れなくても適度な刺激を与えて、地頭をマッサージしながら洗うから一石二鳥。その後、育毛系のヘアトニックを使えばさらに効果的ですよ。頭皮の毛穴って、実は体の中でどこよりも大きいんです。だから、効果を実感しやすいですよ! ヘアトニックも女性用の香りのやさしいものが色々ありますから、好みのものを探してみて下さい。

ちなみにみなさん、今、自分の頭皮を触ってみてどうですか? もし硬いなら、コンディションがよくないかも。私はもともと頭皮が硬いんですが、マッサージしていると確かに柔らかくなってきましたよ。また、頭皮と顔ってつながっているから、顔の肌の状態にも影響してきます。本当にね、頭皮マッサージすると全然違います! 薄毛のためだけでなく、何より気持ちよく疲れがとれますもん。キレイのためにもぜひ、はじめて下さいね!

山本さんのおすすめアイテム

サクセス 頭皮洗浄ブラシ「ふつう」

サクセス 頭皮洗浄ブラシ「ふつう」

洗いながら頭皮マッサージできる女性にも人気の頭皮洗浄ブラシ

ブラシの先端はすべて丸くなっており、2種類のマッサージ突起がやさしく頭皮の血行を促進。指では落としにくい毛穴の汚れもしっかり落としてくれる。ブラシの硬さは「「ふつう」以外にも「やわらかめ」があり、頭皮が敏感な方には「やわらかめ」がおすすめ。毎回使わなくても、3回に1回の使用などでもOK。サクセス 頭皮洗浄ブラシ「ふつう」/561円(税込)(編集部調べ)/花王


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。