今回はこんな質問が届きました
「パーマで髪がギシギシに傷んでしまった!どうしたらいい?」

Q.久々にパーマをかけたくて、流行りのゆるふわパーマに挑戦したら髪の毛がパサパサに(涙)。ドライヤーのときも絡まりやすくけっこうギシギシです。(20代・会社員)

 

A.一度傷んでしまうと髪は再生しないの。これ以上ダメージが進まないケアを心がけて。とにかく優しく扱いましょう。そのうえでしっかり栄養補給です!

傷んだ髪の毛の正しい洗い方

 


ゆるいウェーブヘア、今人気ですよね!“ゆるふわパーマ”をかけておくとアレンジがしやすく、まとめ髪も作りやすく、簡単でオシャレに“こなれ感”が出せますね。パーマをかけた後、髪がパサついてしまったということですが、パーマはどうしてもキューティクルにダメージを与えてしまうので、その後の扱いがとても大事なんですよ!

ちなみに、よく耳にする「キューティクル」とは、髪表面を覆っているウロコ状の保護シートのようなもの。パーマの液材は、基本的に、アルカリ剤を使用しています。アルカリ剤でキューティクルを開かせ、髪の毛の中に髪の細胞をゆるめて形状を変える液材を入れるので(場合によってはさらに熱を加えることも)その過程で、開いたキューティクルの間から、髪をつくる主成分のたんぱく質が流失したり、髪が変質しやくなるのです。もちろん、ヘアカラーをしているとか、ドライヤーやヘアアイロンの熱によるダメージもあります。

それ以外にも、髪の毛は紫外線やブラッシングの摩擦にも弱いので、ダメージが蓄積されていたのかもしれませんね。どちらにしても、パサついたり、手触りがギシギシするなら、健康ではありません。肌と違って、髪は一度傷むと再生はしません。だからこれ以上、傷まないケアを徹底しましょう。もちろん、大なり小なり、必ず傷むことがわかっているパーマをかける場合は、同時にトリートメントをして、流失したぶんの栄養をすぐ補って、ダメージを最小限にするケアが必要になるんですね。

さて、傷んでしまった場合のお手入れ方法ですが、これはお肌と一緒です。汚れを落とすシャンプー、すなわちクレンジングのやり方がとても大事なの!つまり、とにかく優しく優しく丁寧に扱うこと!どういうシャンプーを使ってどう洗うかっていうのがポイントになります。シャンプーにもいろんなタイプがありますから、“すごくダメージが気になる髪用”などの表記を目安に選んでみて下さい。洗い方もゴシゴシせず、たっぷりの泡でやさしいタッチで地肌を洗い、なるべく傷んだ髪の毛をゴシゴシしないこと。髪は流水と地肌を洗ったシャンプーの泡だけで十分です。タオルで拭くときも、タオルにはさんでポンポンと押さえながら水分を取れば、摩擦が起こりにくいです。もちろんドライヤーをかける時間も最短で!

そしてやっぱり、トリートメントで栄養補給ですね!洗い流さないトリートメントは、パサつきを抑えつつ、髪の手触りもよくなるのでオススメ。見た目にも傷み(ダメージ)が目立たなくなります。精油がブレンドされたものなら、香りもよくて気分も上がりますよ!
 

山本さんのおすすめアイテム

ユメドリーミングエピキュリアンundefinedTWIヘアオイルリッチ

ユメドリーミングエピキュリアン TWIヘアオイルリッチ

植物由来成分を科学の力で最大限に引き出し、髪の深刻なダメージの修復が期待できるオイル
ヘアサロン『TWIGGY(ツイギー)』主催の松浦美穂が手掛けるヘアブランドの新シリーズは、徹底した自然素材に科学の力を融合。8種類のボタニカオイルによるリッチなテクスチャーとシルクとアミノ酸オイルが、髪本来の自然な美しさを取り戻す。ユメドリーミングエピキュリアン TWIヘアオイルリッチ 30ml/4200円(税抜)/ツイギー

 
バナー

 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。