今回はこんな質問が届きました
「天然毛のヘアブラシと人工毛のヘアブラシって、どう違うの?」

Q. 最近、髪のゴワつきが気になり始めてきました。100均等で売っているヘアブラシを使っていたのですが、天然毛のミックスブラシに興味があります。人工毛のブラシと天然のブラシだと何が違い、どっちがよいのですか?(20代・会社員)

天然毛と人工毛のヘアブラシの違いって?

天然毛と人工毛のヘアブラシの違いって?



A ゴワつく髪には、キューティクルとなじみがよい天然毛が断然おすすめ!

はい、そりゃあ、髪のゴワつきが気になりだした方なら天然毛がよいですよ。なぜかというと、天然毛というのは主に豚毛や猪毛を使っており、髪と同じ“毛”同士なので、なじみがよく、ツヤが出てまとまるんです。また、頭皮からの適度な脂分も髪になじんで、ブラッシングするほどしっとりと落ち着く。

プラスティックなどの素材は、滑りがよくて価格もお手頃というメリットがありますが、やはり天然毛に比べると、静電気が起きやすかったり、キューティクルを整えにくいというデメリットも。ホコリを取ったり、毛のもつれをとかすことはできても、ブラッシングで髪のツヤを引き出したり、ごわつきを整えるには不向きという点で、天然毛に軍配が上がるわけですね。

ただ、ヘアブラシは素材だけでなく、用途や目的によって種類もあり、使い方も違ってきます。例えば、お風呂上がりの濡れた髪には、スケルトンブラシのような目の粗い、すき間の多いブラシがいい。手ぐし感覚で、濡れたままのデリケートな髪をザックリととかせますからね。

ドライヤーでセットするときには、引っ張ったり、カールをつけやすいロールブラシのような丸棒型のブラシ。髪のボリュームを抑えたいときは、よく美容室などで使われているデンマンブラシ。また、シャンプー前にホコリを落とすのには、先端が丸くなっているクッションブラシ。頭皮のマッサージ効果が高いのは、サイズが大きく頭皮への当たりが柔らかいパドルブラシなど、実にさまざまです。

素材で言うと、ナイロン、プラスティック、樹脂性、木製、金属、天然毛とありますが、髪にツヤを与えてまとまりよくするということでいうと、先にお伝えしたように天然毛がおすすめです。ただし、天然毛は希少なのでお値段が高めですが、自分の髪を大事に、自分を大事に扱う気持ちで天然毛のブラシを持っておくことは、キレイになりたい女性にはおすすめ。

使うときのコツは、これは天然毛に限らずですが、いきなり根元からとかすのではなく、毛先からとかしていくことです。髪が長い方は特に、毛のもつれをほぐしてから、全体をとかすと髪の毛の負担がぐっと減りますよ。また、髪を整えるだけでなく、根元からブラッシングして地肌を刺激すると育毛に。つまりブラシは適材適所でうまく使えば、キレイに大いに貢献してくれるというわけです。

天然毛は1万円近くするので、「ブラシに1万円~!?」と怯んでしまう方もいるかもしれません。でも、毎日使うものであれば投資する価値はありですね。天然毛でもお手頃価格のものもありますので、まずその効果を確かめてみてはどうでしょうか?

髪はスタイルを形作るから、見た目の印象を大きく左右します。大人になると実感してくると思うので、今から気をつけておけば“転ばぬ先の杖”だと思いますよ。

山本さんのおすすめアイテム

マペペundefinedつやつや天然毛のミニミックスブラシ

マペペ つやつや天然毛のミニミックスブラシ

天然毛の猪毛とナイロン毛のいいとこどり。お手頃価格でツヤツヤ髪に!

猪毛とナイロン毛のMIX植毛で髪にほどよいテンションがかかり、ストレートのヘアブローにも最適。小さめのもち運びサイズなので、かばんに入れて、こまめにブラッシングできツヤツヤ髪をキープできる。マペペ つやつや天然毛のミニミックスブラシ/1100円(税抜)/シャンティ

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。