サッと一振り、調理は不要! 美肌と髪をケアするスパイスとは?

あ

肌も髪も細胞が老化して生み出す力が衰えて代謝が落ち、薄毛やシワ、たるみ、シミなどが目立ち始めます

美しい肌と髪は、若さの象徴。でも年齢とともに肌も髪もツヤ、コシ、弾力が失われてしまいます。
その原因は、代謝(ターンオーバー)の乱れ。肌も髪も一定の周期で古いものと新しいものが入れ替わりますが、肌や髪を作る細胞が老化すると、新しい細胞を生み出す力が衰えて、髪が薄くなり、肌のシワ、くすみ、たるみなどが目立ち始めるのです。

そこで今回は肌と髪を内側からケアする、つまり食べてケアする、とても簡単な方法を紹介します。特別なレシピも手間のかかる調理も必要ありません。あなたが食べるもの、飲むものに、ササッとひと振りするだけで、肌と髪の細胞を元気にする5つのスパイスを、ぜひ食事に取り入れてください。

その1 シナモンを、コーヒー、牛乳、ヨーグルト、果物にひとふり

あ

シナモンは肌や髪の細胞に栄養を送る毛細血管を丈夫にします

肌と髪の細胞を元気にするスパイスとして、最初に紹介するのが「シナモン」です。シナモンは、体中にある毛細血管という髪の毛よりも細い血管の老化を防いで丈夫にします。毛細血管は、肌や髪を作る細胞に栄養と酸素を届ける大切な役割を持っています。毛細血管が丈夫で滞りがなければ、皮膚や髪を作る細胞に栄養と酸素を十分に届けられるので、薄毛や肌の老化を予防してくれます。

シナモンには脂肪がつきにくくして、さらに血糖値を下げる働きがあるため、ケーキや甘いドリンクと一緒に食べることが多いのです。肌や髪だけでなく、ダイエットや健康にも良いシナモン。その芳醇な香りを楽しみながら、ぜひ毎日の食事に取り入れてください。

シナモンは、乾燥したスティックはやや高価なので、粉末パウダー状になったものを、コーヒーやホットミルクなどにふりかけて召し上がると良い香りがします。
ガイドは果物のシナモンがけが好きで、バナナ、りんご、オレンジ、キウイなど、どんな果物にも合い、シナモンの味と香りで、スイーツを食べているような気分にさせてくれるため、デザート感覚で楽しめます。ヨーグルトにシナモンをひとふりするのもオススメです。

次ページでは「刺激的で美味しい、あのスパイス」を紹介します。