はみ肉撃退ストレッチ その4~背中寄せ

あ

首や肩の血行を良くして背中のはみ肉も減らす気持ちがいいストレッチです

開脚して立ち、背中で指を組んでゆっくりと上半身を倒します。このとき腹筋を使って背中が猫背にならないようにしながら、組んだ手を上げます。頭の力を抜いて、だらりとぶら下げて首の血行を良くしましょう。

このときも手のひらをくっつけて行うと背中のエクササイズになります。この状態で呼吸をしながら20数えてキープし、ゆっくりと頭を持ち上げて元の姿勢に戻ります。

背中まわりのはみ肉を減らすのに効果的なストレッチであるとともに、肩と首のコリをほぐして頭がスッキリします。

はみ肉撃退ストレッチ その5~開脚ウエストねじり

あ

ウエストをねじりながら腹筋を鍛え、背中や腕のはみ肉も落としてくれるストレッチです

背中とお腹の両方のハミ肉に効くストレッチです。開脚して立ち片方の手を床について、もう片方の手を天井に上げて顔は上げた手の方向を見ます。

この状態で20数えながら、少しずつひねりを大きくしましょう。

余裕があれば膝を伸ばして背筋もまっすぐ伸ばし、下の手の体重を上に引き上げるようにして腹筋を鍛えましょう。反対側も同様に。

 



はみ肉による見た目の老化対策として、ブラジャーとパンティーの選び方についてご紹介します。

小さすぎるブラジャーやパンティーは、はみ肉の原因に!

デパートや専門店などで少なくとも半年に1回は下着のサイズを測ってもらいましょう!

デパートや専門店などで少なくとも半年に1回は下着のサイズを測ってもらいましょう!

ブラジャーとパンティー、つまり女性の大切な部分をカバーする下着が小さすぎていませんか? 

はみ肉が気になる人は下着を選ぶ際に、「はみ出した肉を収められるような少しゆったり目の下着」を選びましょう。

ボディラインはちょくちょく変化します。春夏秋冬に合わせてデパートや専門店で、下着に詳しい販売員さんにサイズを測ってもらい、あなたのボディラインに合ったものを選んでください。

また下着は伸縮性のあるものが多いので、消耗品として割り切って考えて、理想は3か月ごと、できれば半年に1回ごとに買い替えるようにしましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。