メディカルハーブってなに?

メディカルハーブって

メディカルハーブって

「メディカルハーブ」って、聞いたことはありますか。

薬草とか、香草という言い方もして、自然派医学において治療としても用いられる植物のことです。科学的な薬などによる治療ではなく、自然治癒力を高めて健康になるもしくは病気を治していこうとする動きは、昔に比べてどんどん高まってきていますが、「何をしたらいいのか」ということになると、知らないという人が多いのが現状です。

自然治癒力を高める=自然療法の考え方は、「バランスを維持すること」です。健康な時には、身体のバランスが保たれていて、病気になったり体調を崩した時には、このバランスの均衡が崩れる、という考え方です。メディカルハーブ協会のサイトによると、「そのバランスが崩れようとしたときには、元の調和した状態に戻す力が働くと考えます。これが自然治癒力です。つまり、病気になったときは体のバランスを元に戻す自然治癒力に働きかけ」るのです。

疾病の治療に植物が初めて用いられたのは、原人時代だとも言われます。私たちは、健康について意識するようになるずっと前から、植物を「治療薬」として用いていたということです。

ただし、病院などでもらう、いわゆる「薬」とメディカルハーブは、さまざまな点において大きく違います。

まず一番に違うのは、薬は、有効性が証明された単一の化学成分によってできていて、身体に直接作用するのに対して、メディカルハーブの中には、さまざまな作用を持つ成分が複合的に入っていて、それがからだ全体に作用を与えて効果を生み出します。局所的に作用する薬効成分は、時には重大な副作用をもたらすことさえあります。医薬品が「医師の処方のもと」に用いられるのは、そのためです。

一方、メディカルハーブでは、副作用がほとんどありません。「病気の原因を除去する」というオフェンス的な役割をするのが「薬」であるのであれば、メディカルハーブは、「病気から身体を守る力を高める」というディフェンス的な役割を果たします。

もちろん、現代多く使用されている医薬品は、もともとはメディカルハーブにルーツがあることも事実。薬草を研究し、有効成分を抽出して、それを人工的に増幅・改良したもので作られたのが、医薬品の原点だからです。

医薬品や、いわゆる近代医学をおろそかにするわけではありませんが、メディカルハーブを日常に取り入れることによって、実は、病気になるたびに薬で治療するよりも、自分自身を「強く」することで、「病気になりにくいカラダ」を作りことができるかもしれません。

今回は、メディカルハーブにどんな種類があるのか、どんなふうに日常生活に取り入れるのかをお話ししていこうと思います。

病気は「毎日のつみかさね」

まず、メディカルハーブについて考える前に、少し手を止めて、あなた自身の生活習慣を振り返ってみてください。

薬と違って、ハーブには「劇的な効果はない」と軽視する人がいますが、メディカルハーブは、他のハーブとは違ってより効果が実感できるハーブです。たとえば、エキネシアというハーブは、風邪に有効です。これは医学的にはっきり証明されている効能です。

決して、病院で処方される薬に「害がある」というわけではありませんが、あくまで薬は、不調な部位に集中的に作用して効果を発揮するもので、「不調を治す」ものでしかありません。病院で薬をもらって元気になったとしても、何もしなかったら、しばらく経てば、また調子を崩してしまいます。不規則だったり寝不足続きだったりなどで、悪い生活習慣を続けていたら、薬で一時的にましになったりしても、不調がダラダラと続いてしまいます。その状態が長く続いて、薬をやめられない状態になって初めて、「生活習慣病」という名前がついてしまうわけです。

生活習慣病は、その名前のとおり、毎日の生活習慣によって起こる病気です。鬱や睡眠障害などのメンタルなものも、広い意味では生活習慣病に分類されてもおかしくないとも言われています。薬に頼って気分を安定させたり眠ったりして、薬をやめると調子が悪くなるという人が最近増えてきているからです。

薬を否定するわけではありませんが、私たちの心とカラダそのものをおろそかにしては、本末転倒というもの。

病気を治すことも大事ですが、カラダと心を整えてあげることが大切。メディカルハーブがオススメな理由は、「治す」だけでなく、カラダを「整える」ことも一緒にできるという点です。