つらい花粉症の鼻づまりや咳にはアロマ吸入が即効

つらい花粉症の鼻づまりや咳にはバスタオルと耐熱ボウルを用意して蒸気吸入すると深いアプローチになります

つらい花粉症の鼻づまりや咳にはバスタオルと耐熱ボウルを用意して蒸気吸入すると深いアプローチになります

花粉症によってもたらされるつらい症状の主な原因は「鼻づまり」だと言っても過言ではありません。

鼻が詰まると粘液が溜まることで思考能力が低下して頭がボーっとします。また処理しきれない鼻水がしたたり落ちたり、鼻を咬んでも溜まった鼻水が出てこなくて頭が痛くなったりもします。

体液のめぐりが滞ると、顔周りのリンパ液の流れも悪くなり顔がむくんでしまったり、むくんだ顔で気分が塞いでしまったり、せっかく春めいた日差しの日々も花粉症のおかげで楽しく過ごすことが出来なくなりますよね。

みなさん、鼻が詰まったりのどが痛い時、咳が止まらない時に病院に行って吸入治療をしたことはありませんか? 蒸気のような煙に含まれた薬が専用の機器から出てきて、それを直接鼻や口から吸い込んで治療する方法です。

アロマの蒸気吸入とはこれと同じような効果を期待する療法的で即効性のあるアロマケア方法です。精油を蒸気と一緒に吸入することで、病院で吸入治療をするような効果が期待できます。

なぜならそれは、精油の物質的特徴として、薬と同様な性質を持つ植物が天然に産み出した化学成分であるからです。よって、人が精油を体に摂り入れると薬と同様な代謝経路をたどる物質なので、吸入することで精油も同様な代謝メカニズムで体に働いてくれているということになります。


アロマ蒸気吸入の方法

では、アロマ蒸気吸入の方法をお伝えしましょう。方法はとても簡単! 「耐熱ボウルとお湯に精油を3滴」用意して、蒸気を吸い込むだけです。「即実践! 花粉症に役立つアロマケア」の記事では、「お風呂を活用する蒸気吸入の方法」を主に紹介しましたが、つらい症状に困ったときは、この方法が一番即効性が期待できます。

左から、バスタオル、耐熱ボウル、精油

左から、バスタオル、耐熱ボウル、精油

<用意するもの>
・大判のバスタオル1枚
・耐熱ボウルまたはマグカップ
・お湯(1回沸騰させて湯気が良く立った状態がおすすめ)
・症状に役立つ精油 3滴


 
お湯を注ぐときは火傷に気を付けましょう。ある程度温度が高くないと湯気が少なくなり吸入がしづらいです。

お湯を注ぐときは火傷に気を付けましょう。ある程度温度が高くないと湯気が少なくなり吸入がしづらいです。

<方法>
(1)耐熱ボウルに熱いお湯を適量張る。こぼすと火傷の恐れがあるので、半分くらいを目安に好みでお湯を注ぐ。湯気をたくさん吸いこみたい時は7分目くらいまで張ると湯気を多く感じる。


 
つらい花粉症の鼻づまりや咳にはバスタオルと耐熱ボウルを用意して蒸気吸入すると深いアプローチになります

つらい花粉症の鼻づまりや咳にはバスタオルと耐熱ボウルを用意して蒸気吸入すると深いアプローチになります

(2)症状に役立つ精油を3滴垂らすし、写真のようにバスタオルで体を覆って吸入する準備をする。

(例)花粉症や咳、鼻水に役立つレシピ
ユーカリ 2滴      ・ペパーミント 2滴
ローズウッド 1滴    ・ ラヴィンサラ  1滴  など


 

湯気が逃げないようにバスタオルで覆って吸入する。お湯をこぼして火傷をしないように注意しましょう!

湯気が逃げないようにバスタオルで覆って吸入する。お湯をこぼして火傷をしないように注意しましょう!

(3)湯気が逃げないようにバスタオルで耐熱ボウルを覆って、目を閉じて蒸気を約1分吸い込む。症状がつらい時は、1日3回くらいを目安にして行いましょう。
※【注意点】精油が目に染みる為、必ず目を閉じて蒸気吸入しましょう!

 
>次のページでは蒸気吸入するときのポイントを紹介します