手作りアロマ柔軟剤の作り方と使い方

市販の「お酢」にグリセリンを混ぜるだけで柔軟剤の出来上がり!

市販の「お酢」にグリセリンを混ぜるだけで柔軟剤の出来上がり!

ではお酢を使った手作りアロマ柔軟剤の作り方と使い方を紹介します。

■材料と道具
【洗濯1回分】家族用ドラム式洗濯機の場合
(材料)
・お酢 500ml ボトル1本
※お得な価格で販売されている一般的な穀物酢が適している
・柔軟剤を入れるボトル
・30ml ビーカーまたは おちょこ
・マドラー(お好みで)
・植物性グリセリン 大さじ5杯程度
・お好みの精油 1回に5滴

(作り方)

柔軟剤用に自前で用意するボトルにお酢を入れる

柔軟剤用に自前で用意するボトルにお酢を入れる

(1)柔軟剤用に適当なガラスボトルを用意する。そこへお酢をボトル1本移し替える。

 
お酢にグリセリンを加える

お酢にグリセリンを加える

(2)そこへグリセリンを大さじ5杯加える。

 
そのままかき混ぜてお酢とグリセリンをなじませれば出来上がり!

そのままかき混ぜてお酢とグリセリンをなじませれば出来上がり!

(3)かき混ぜてグリセリンとお酢をなじませれば出来上がり!

 

(使い方)
家族用4~5人分くらいの衣類は30ml程度でOKです。好みもあると思いますので、適量は使いながらアレンジしてくださいね。

家族用4~5人分くらいの衣類は30ml程度でOKです。好みもあると思いますので、適量は使いながらアレンジしてくださいね。

・洗濯機の場合
1回の使用量の目安は、30ml 位。おちょこ1杯分程度です。使う度に1回分の容量にお好みの精油を5滴垂らして、精油をなじませてから柔軟剤の投入口に入れるだけです。香り立ちを良くするためにあらかじめ精油をボトルにブレンドせず、1回ずつ5滴程度を使うのがガイド流です。

 

精油のフレッシュな香りを楽しみたいので、1回ずつ、使う都度精油を5滴ブレンドするのがガイド流。

精油のフレッシュな香りを楽しみたいので、1回ずつ、使う都度精油を5滴ブレンドするのがガイド流。

1回ずつ精油をブレンドするのが面倒な方は、500ml に対して精油40~50滴程度をお好みであらかじめボトルにブレンドして、使う都度ボトルを優しくシャッフルして精油をなじませてから使えば、1回ずつ精油をブレンドする手間が省けるでしょう。

アロマ柔軟剤専用に、お好みのガラスボトルを購入して作ると便利です。注ぐのに便利で、ビネガーボトルやドレッシングボトルのように振って使えるものがいいでしょう。


 
・手洗い洗濯の場合

手洗い洗濯の場合は、洗剤をすすいだ後、洗い桶(洗面器程度の大きさ)に水を張って10ml 程度(小さじ2杯程度)を入れて衣類を浸すだけでOKです。2~3分浸したら水を切ってタオルに優しく包んで洗濯機で1分軽く脱水して干しましょう。衣類に応じてはグリセリンを小さじ半分程度足すと柔らかさが増します。使いながら自分の好みを見つけましょう。


手作りアロマ柔軟剤におすすめの精油と注意点

ナチュラルなふんわり感が魅力の手作りアロマ柔軟剤! 精油のさわやかな香りで清潔感もアップします

ナチュラルなふんわり感が魅力の手作りアロマ柔軟剤! 精油のさわやかな香りで清潔感もアップします

基本的にお好みの香りの精油で楽しんでいただければOKです。しかし精油の特徴として柔軟剤に不適切なものは避けたほうが良いと考えます。柑橘系、樹脂系、フローラル系の精油には「色」があるものが多いです。香りづけとしては好ましくても大事な衣類にシミを作るのは良くないので、無色の精油で楽しむことをおすすめします。

ガイドは下記5つの精油で楽しみます。

ラベンダー
ローズウッド
ペパーミント
ローズマリー
ユーカリグロブルス

ラベンダーやローズマリーは昔から衣類の香りづけとして使われていた植物です。またこれらの精油のほとんどはデオドラント効果があるので柔軟剤に使いやすい精油です。精油に色も無いので衣類にシミを作る心配も少ないです。

ユーカリに関しては汚れ落ちをサポートしてくれるので洗濯洗剤に5滴ほど垂らして洗濯してもOKです。これら5つの精油は香りの相性も良いので気分によって自分でブレンドを楽しんでみてくださいね。

またペパーミントだけは、そのまま5滴は多いと思います。例えば嘔吐物を洗濯する場合などは衣類の殺菌目的にも役立つので5滴使用しますが少量で効果が高い精油なのでペパーミントの精油のみで使用する場合は3滴程度で調整するか、他の精油を2滴足して合計5滴で楽しむことをおすすめします。

ボトル1本を柔軟剤として作ったら、使い切るまで毎日使って頂くことをおすすめします。お酢にグリセリンを混ぜているので劣化はさほど心配はありませんが、手作りなのでなるべく早く使い切ることをおすすめします。

>次のページでは「クエン酸水を使った手作りアロマ柔軟剤について」です