ただ今花盛りの柔軟剤。ふんわりはもちろんのこと、香りづけとして選ぶ人も多いようです。そこで今回はその先をいくテクニック!香りのブレンドや黄金比率、まさかのタブーなど、ワンランク上の柔軟剤づかいについてお話します。
いろいろなタイプの柔軟剤や香りづけスプレー

いろいろなタイプの柔軟剤や香りづけスプレーがあって楽しみもいろいろ



好みの香りの選び方

柔軟剤を買う時に「香り」で選ぶのは今やふつう。家族それぞれが自分好みの香りの柔軟剤を使うという家庭もあり、柔軟剤の形態も液体やビーズ、シートタイプと色々。香りを重ね付けするための商品もあり、携帯しやすく小型化もされて、多種多様化されて、選ぶ方も迷ってしまいますね。

形態は使いやすさで選ぶとよいですが、香りについてはお好み。さらに「自分だけの」香りを演出してみるのも楽しいものです。

その前に、まずお買いものの時に考えておきたいのは、洗剤の香りと柔軟剤の香りの相性。最近は組み合わせることを前提に作られたものもありますが、そうでなければ、洗剤はなるべく香りが少ない(「微香性」など)ものを。その上で、好みの香りの柔軟剤を選ぶと、香りを最大限に楽しめます。


まさかのタブー、やっていませんよね?

テクニックの前に、ここだけは押さえておきましょう!ガイド記事「室内干しの【時短×節約×心地よい】最新テクニック」でもお話しましたが、まずやってはいけないのは「香りを強くするために柔軟剤を規定量以上に増量すること」。

香りは少々強くなりますが、柔軟性や静電気防止の作用は変わらないうえ、タオルや肌着などの吸水性が落ちて衣類本来の性能が落ちてしまいます。汗の増える季節には、かえって肌表面に残った汗が臭ってしまうことも考えられるので、やめましょう!


香りがイマイチ残らないケースとは

柔軟剤の香りづけがイマイチうまくいかないという話をよく聞きます。ありがちな失敗は……

まずは、生乾きなどの悪臭の上に柔軟剤の香りをコーティングしてしまう、上塗り?なケース。悪臭の元である「汚れ」をきちんと落とすことが大前提です。生乾き臭が残っているようなら、少し濃いめの洗剤水に浸け置きしてから軽く絞り、他のものと一緒に洗濯機へ投入すればok。洗剤水にはお風呂の残り湯など「ぬるま湯」を使うと、洗剤のパワーを上手に引き出すことができます。

次に「干し方」。乾燥機を使ったり、紫外線や風の強い場所で干すと、柔軟剤の香りが飛んでしまいやすくなります。香りを残したいなら、陰干しや室内干しの方がおすすめです。