毛布は直接肌に触れるものだけに毎日使っていると汚れが気になります。自宅洗濯OKなものなら自宅で洗ってみましょう。汚れにくい対策もしておくとお手入れがラクになります。


まずは洗濯絵表示確認

毛布の洗濯機洗いには毛布用ネットを使用すること。自宅の洗濯機に合う大きさのネットを買いましょう。

毛布の洗濯機洗いには毛布用ネットを使用。自宅の洗濯機に合う大きさのネットを買いましょう。こちらは毛布を丸めて入れるタイプ

自宅で洗えるかを洗濯表示で確認してみましょう。洗濯機OK、手洗いOKの表示があれば自宅で洗えます。アクリルやポリエステル、綿の毛布は「洗える」と表記されているものが殆どです。

洗剤についても表示をチェック。ウールなどは中性洗剤、他の素材でも生成りや淡い色は蛍光増白剤無しの洗剤、濃い色は漂白剤入りでない洗剤を使用します。

 

上のネットは毛布を丸めて入れるタイプ。縦半分の幅とネット幅がほぼ同じに作られています

ネットの中の毛布はこんな感じ。畳んだ幅とネット幅が合うよう作られています

なお濃い色なら色落ち確認も。白いタオルに洗剤をつけて目立たない部分をこすり、色落ちしやすいようなら(来客用など大事なものなら特に)クリーニング店へ出した方が無難です。

 

毛布の洗い方(洗濯機の場合)

こちらはひだ状にたたんで入れてネットごと半分折りにして固定するタイプ

このネットはひだ状にたたんで入れてネットごと半分折りにして固定するタイプ

お使いの洗濯機を確認して毛布コースがあればそれを、なければ弱水流コースで洗います。毛布は擦れると毛玉や傷みの元になるので、毛布用の大型ネットを使って。

気をつけなきゃいけないのは、自宅の洗濯槽に入る大きさのネットを選ぶこと。入らないと洗濯機が使えませんので!中には別売りのフタが必要な洗濯機も。使用説明書もチェックしてみましょう。

ネットに入れる毛布のたたみ方は、できるだけ全体に洗剤液がいきわたるよう、ひだ(屏風)折りがおすすめ。ネットの幅や合わせて折ります。 毛布用ならちょうどよい幅に作られていると思います。

上のネットを畳んだ様子。丸型より多くの面が洗剤水に触れるメリットがあります

上のネットを畳んだ様子。丸型より多くの面が洗剤水に触れるメリットがあります

洗いは、洗濯機に毛布のコースがあればそれを。なければ弱水流で設定します。洗剤は表示に中性洗剤をとあればそれを。指示がない場合は普通の洗濯用洗剤でOK。

ただし他のものと同様、生成りや淡い色なら蛍光増白剤無しを、濃い色なら漂白剤の入っていない洗剤を選びましょう。

首元など汚れが気になる部分は、洗剤の原液をつけたタオルで拭いておきます。お好みで柔軟剤も。アクリルなどのものは静電気防止効果も期待できます。


毛布の洗い方(手洗い)

大きいので、浴槽で洗うのがおすすめ。洗濯槽でも洗えます。毛布が浸るくらいの量の洗剤液を作り(濃度は洗剤の記載どおりに)、毛布を入れて足で(洗濯槽なら手で押し洗い)踏み洗い。皮膚の弱い人は手袋やお風呂用スリッパを使いましょう。襟元など汚れが気になる場合は、部分洗いを(ウールなどデリケートな素材ならつまみ洗いで)します。全体的な汚れが気になる場合は浸け置き洗いをするとよいです。

水を数回換えながらすすぎをします。お風呂ならシャワーを使っても○。お好みですすぎの最後に柔軟剤やお酢を加えると風合いよく仕上がります。化学繊維の毛布なら特に静電気防止効果も。


毛布の脱水と干し方

「M」になりにくかったら、端っこや真ん中の凹みに重りをぶら下げても。

「M」になりにくかったら、端っこや真ん中の凹みに重りをぶら下げても

手洗い後の脱水は、水を捨てて毛布を押し絞り、折りたたんでネットに入れて脱水機にかけるか(ネット無しでは脱水機がうまく回らないことがあります)、水の滴りが少なくなるまで浴槽の淵にかけておきます。

脱水時間は短めで。素材がポリエステルやアクリルなら水切れがよいので、水滴が落ちなくなる程度の短時間でOK。

ウールは擦れによる傷みが大きいので、手絞りや長い脱水はせず、30秒~1分くらいで。また、毛布が脱水機に入らない場合は浴槽の淵にかけてしばらく置き、水があまり垂れなくなったところで物干しへ干します。

干し方は2本の物干し竿を使ってM字にすると、乾きやすいようです。できれば時々裏返して。干す場所は洗濯表示に陰干しマークがあるかを確認。濃い色や生成り、ウールは色褪せしやすく、シルク、ナイロンは日光で黄ばむので陰干しです。

こちらも固定しにくければ洗濯バサミや重りをしても○

こちらも固定しにくければ洗濯バサミや重りをつけても○

見栄えは悪いのですが斜めにずらして干すと乾きが早くなります。斜めなことで滴が角へ向かって流れやすく、結果として全体的な水分が早く減るからです。湿気の多い季節やシーツなど他の大物にも使えるワザです。


日ごろの汚れ防止

毛布用のカバーをしたり、襟元だけバスタオルをかけて(外れるのが気になれば、安全ピンで固定する)汚れをカバーしておけば、毛布本体を洗う回数が減らせます。


【関連記事】
インナーダウンを洗う時の失敗例&失敗しないコツ
シルクの洗濯方法、手洗いと洗濯機それぞれ解説
スーツ・学生服の洗濯の仕方
2016年12月から始まる新洗濯表示の読み解き方