家事 ガイド 毎田 祥子

まいだ しょうこ

メディアの監修で定評のある家事アドバイザーが家事の極意をご紹介!

家事アドバイザー、ライター&コラムニスト。企業広報や生協で生活用品や全国の食品生産者へ取材を重ね、独立。ハウスクリーニングやハーブ、アロマ等の資格も生かしたmix家事を提案。著書『ラクしてちゃんとした暮らしができる“朝だけ家事”』、監修『おばあちゃんの歳時記暮らしの知恵』等。新聞雑誌等マスコミ出演多数。

得意分野

取材と実践にもとづく、洗濯術など「イチオシ家事の知恵」。「時短家事」「裏ワザ」はもちろん、おばあちゃんの知恵やハーブとアロマを使った実用的で癒される「手仕事系家事」も!

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

はじめまして。ガイドのマイダです。

時短家事が注目される一方で、「スローライフ」「ゆる家事」など家事にも癒しを求める声が聞こえてきます。
このサイトでは、家事についての基本情報に、おばあちゃんの知恵、ハーブやアロマを利用した新鮮な知識を織りまぜながら、実践的であると同時に癒されたり快適さを感じられたりできる家事術をご紹介したいと思っています。

家事の形はライフスタイルと同様に人それぞれで、一番大切なのは、今現在の自分にとって「一番心地よいバランス」を見つけることだと思っています。料理や洗濯、掃除に雑事(名もなき家事)を加えた日々の家事は、自分や家族が心身とも健康に暮らすために一生不可欠なアクション。「全て完璧」でも「どれかは一切しない」でもなく、全てをほどよくバランスよくこなさないと回っていきません。そしてそれは家族をとりまく状況や社会の変化に左右されるので、ときどき微調整を、時には大きく修正することも必要です。

「好きな家事は思いっきり楽しみ、苦手な家事はいちいち考えなくてもいつの間にか終わっている」ようなシステムづくりやテクニックをマスターできる情報を通して、みなさまが一番心地よい暮らし方を見つけるきっかけづくりをお手伝いできたら幸いです。

メディア掲載実績

テレビ【日本テレビ】ZIP!
<ZIP!特集>2023年大活躍した夏グッズ・”夏じまい”を調査!
2023年09月22日
テレビ【TBSテレビ】THETIME,
<けさのトピック知りTIME,>バスタオル1枚で洗濯物が早く乾く裏ワザ
2023年06月12日
テレビ【TBSテレビ】ゴゴスマ~GOGO!Smile!~
<気象情報>部屋干しでも洗濯物を早く乾かす裏ワザ5選
2023年06月12日
テレビ【TBSテレビ】ゴゴスマ~GOGO!Smile!~
<ニュース>日本列島・広い範囲に「黄砂」飛来~黄砂で外干しは不安 速乾!部屋干し裏技!
2023年04月12日
雑誌レタスクラブ
洗えないものの 簡単 お手入れ術
2022年10月25日

ガイドの新着記事

  • 部分洗いの基本テクニック!衣類の素材別に洗い方を紹介

    部分洗いの基本テクニック!衣類の素材別に洗い方を紹介

    襟や袖口の黒ずみやソックスの裏の泥汚れを落とすには、洗濯機に入れる前の部分洗いなど下洗いが効果的。洗剤選び、色落ちチェックの他、衣類の素材別に洗い方を紹介します。部分洗いの基本テクニックをマスターしましょう!

    掲載日:2024年02月12日洗濯
  • ヘラ・スパチュラの使い方……100均にもある料理道具!

    ヘラ・スパチュラの使い方……100均にもある料理道具!

    100均にもある料理道具「ヘラ」。スクレーパー、スパチュラ、ターナーなど、いろいろな呼び名はあります。ヘラは家事分野だけでも種類が無数にあり、似てるのに違う呼び名に戸惑う声も。掘れば掘るほど広く深く楽しい、ヘラの世界をのぞいてみましょう。

    掲載日:2024年02月06日家事

ガイドの新着イチオシ

  • ダイソーのフォトフレームが床掃除用の道具に⁉裏技術をこっそり教えます

    ダイソーのフォトフレームが床掃除用の道具に⁉裏技術をこっそり教えます

    ダイソーなどでも手軽に購入できるフォトフレームは、写真を飾るためのアイテムですよね。しかし、家事アドバイザーの毎田さんいわく、床掃除に使えるのだとか! 絶妙な硬さと厚みが、フローリングにできがちな黒い小さな塊(汚れ)を取るのに活躍するそうですよ。詳しく教えていただきました。

    掲載日:2022年07月29日家事
  • 【ダイソー】の「シリコーンスパチュラ」が優秀!フードロス削減で実はエコにも◎

    【ダイソー】の「シリコーンスパチュラ」が優秀!フードロス削減で実はエコにも◎

    様々な調理器具が揃う100均。家事アドバイザーの毎田さんがイチオシしてくれたのは、ダイソーの「シリコーンスパチュラ」です。大小形の異なるサイズなので、鍋などの大きなものからジャムの瓶など小さなものまで使いやすいのだとか。しっかりとフィットするので、食材を余すところなくすくうことができ、フードロス削減にも貢献できるそうですよ。その魅力を教えていただきました!

    掲載日:2022年06月10日家事

All About ニュース 新着記事