ダウンジャケットの洗濯方法

ダウンジャケットの洗濯方法

ダウンジャケットはクリーニング料金が少々かかることもあり、何もお手入れせずに汚れたまま着ている人も多いですね。でも、いくつかの注意を守れば自宅でお洗濯することもできるんです。清潔に着こなせるうえ節約にもなる自宅クリーニングをやってみましょう。  

ダウンジャケット洗濯4つの注意

ダウンジャケットを自宅で洗濯するときに守らなければいけないポイントは、以下の4つです。
  • 中性洗剤を使う
  • ぬるま湯を使う
  • もんだりこすったりしないこと
  • 洗う前に色落ちチェックをする
ダウンとは水鳥の胸あたりのふかふかした毛のことです。その商品によって量や種類が違いますが、どれも普通の洗剤や水では強すぎて傷んでしまうし、摩擦や圧力ではつぶれて元通りにならなくなることもあるので、やさしく扱います。色落ちが激しいならお店へ出すのが無難です。これらを守れば、すぐに水に浮いてしまって洗いにくいものの、自宅でも洗えます。
 

ダウンジャケットの洗濯方法

手洗いと洗濯機洗いの方法があります。どちらも色落ちテストをしてから洗いましょう。
色落ちテストは、まずは目立たない場所で試します。洗剤を白い布(タオル等)につけ、ダウンジャケットの生地をトントンたたき、これで白い布に生地の色がつくようなら、自宅で洗うと激しい色落ちが予想されるのでクリーニング店に頼んだほうが無難です。
 

ダウンジャケットの洗い方(手洗い編)

大きな「洗いおけ」がある場合は以下の方法で、ない場合は洗いおけの代わりに洗面所の洗面ボウルや洗濯槽、浴槽を使って洗うとよいですよ。

1.洗濯液をつくる
洗濯おけに洗剤液をつくります。ぬるま湯(30℃くらいがベスト)を使い、中性洗剤の使用方法をみてちょうどよい濃さの薄め液をつくります。ダウンジャケットは水を多く吸い込むので、多めに作っておくとよいでしょう。

2.洗う
ダウンジャケットは軽くたたんで、洗剤液に浸し、「押し洗い」で手洗いします。表面が水をはじく(撥水加工)ものが多く、一気に押すと洗剤液がこぼれてしまうので、少しずつ押します。それから、両手の平全体で押したり離したりを繰り返しながら、汚れを洗い落とします。汚れがひどい襟や袖口は、指でつまんで細かく押し洗いをします。

3.すすぎと脱水
洗剤水を捨て、きれいな水に換えて2、3回すすぎの押し洗いをします。シャワーを使って洗い流してもOK。脱水は、押し絞って(握って絞るのではなく!)、タオルで水分を吸い取る(タオルドライ)方法で脱水します。
 

ダウンジャケットの洗い方(洗濯機洗い編)

1.ダウンジャケットを整え、必ずネットへ
ダウンジャケットのファスナーなどは留めてから、洗濯用ネットへ入れます。ネットが小さめなら軽くたたんで。洗濯用ネットへ入れないと衣類が傷むほか、洗濯機がエラーを起こす等トラブルの元になりますので、必ずネットに入れてから洗います。

2.洗濯機のコース設定
洗濯機のコース設定で、ソフトやドライなどの名になっている弱水流のコースを選びます。中性洗剤を入れ、ぬるま湯を使えるようにし(お風呂の残り湯でもOK)、ネットに入れたダウンジャケットを入れ、スタートします。
 

ダウンジャケットを干す

形を整えてしわをのばし、ハンガーにかけて、風通しのよい日陰で干します。脱水後はすぐにこれをしないと、目立つシワが残ったり型崩れしますので要注意!

中のダウンが片寄っている場合は少し乾いてから、または乾いてからほぐして直します。ほぐし方は両手ではさんでポンポンとたたくような感じで、決して揉まないように(ダウンがちぎれてしまいます)!

なお干すときは針金ハンガーではなく太く(厚みがある)、アームが長めのハンガーがおすすめです。奥の方は乾きにくいので、できれば2、3日干します。湿ったまま収納すると、臭いやカビの原因になります。

【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。