洗えるもの、洗えないもの

電気式の毛布やカーペットだって、できれば水でじゃぶじゃぶ洗って気持ちよく使いたいですね。カバーやシーツを洗うというタイプのほか、最近は洗える毛布やホットカーペットもあります。どちらのタイプかは購入時の説明書を確認してください。ちなみに洗えるホットカーペットは今のところ1畳くらいの小さいものが主流のよう。掛け敷き用の電気毛布は種類も色々あるようです。

丸ごと洗えると汚れやダニがきちんと落とせそうなのがよいところ。ただし洗濯時の注意をきちんと守らねばいけないなどあります。一方、カバーやシーツなどは、洗いやすいので小まめに洗えるのがいいところ。こちらのタイプだと毛布やカーペット本体は固く絞ったタオルで水拭きしたり、干してブラッシングしたり、掃除機をかけたりといったお手入れ方法になります。


洗えるホットカーペットカバーの洗濯

■洗剤は中性が無難、柔軟剤もおすすめ
まずは「洗濯可能」と書かれているかを確認してください。洗剤は中性洗剤を使えば無難。素材がアクリルやウールであれば傷みから守り、他の素材でも毛布やカーペットのふわふわ感を守るためです。素材がポリエステル100%で汚れが気になるなら普通の洗濯洗剤でも。最後のすすぎに柔軟仕上げ剤を使うと、風合いが保て、静電気を防止することができます。

■水でなくぬるま湯を。残り湯は洗い時だけに使いましょう
特にウールやアクリルならお水ではなく、30℃程度のぬるま湯を。冷水や高温だと素材が傷みます。お風呂の残り湯は、汚れが少なければ、使えば洗剤の効果が高まるのでよいでしょう。ただしすすぎにはきれいな水を使わないと、汚れが付着してしまいます。

■洗濯機洗い
なるべく洗剤が行き渡りやすくたたんで洗濯ネットへ入れ、洗濯機へ。

なるべく洗剤が行き渡りやすい形にたたんで洗濯ネットへ入れ、洗濯機へ。

洗えるものであれば、カバーの大きさが自宅の洗濯機に入るかをチェック。

大物洗濯はどれも洗濯機に入れるときに、洗濯機の深さに合わせてたたみ(屏風畳み)、ぐるぐると丸めて、大型で筒状のネット(毛布用)に入れておくのが基本。傷んだりからんだりさせず、洗剤がよく染み渡るようにするための方法です。

コースは、「毛布コース」「ソフト」など弱水流を選びましょう。自宅の洗濯機に入りそうになければ大型コインランドリーを使う方法もあります。

■手洗い

手洗いの場合は、浴槽に洗剤水(ぬるま湯の)を作って洗濯物を入れ、ゴム手袋をした手(難しければお風呂用の靴を履いた足でも)で、押し洗いします。汚れがひどければ30分程度浸け置きして。

洗い終えたら栓を抜いて洗剤水を流し、手(足)で押して水を切り、シャワーで洗い落とします。浴槽の淵にかけるなど工夫しながら全体を流してくださいね。

柔軟剤を使う場合は、浴槽に洗濯物が浸る程度の量でよいのでぬるま湯をはって、柔軟剤をよく溶かしてから浸します。押さえたり持ち上げると中まで染み渡ります(重たくなっているので無理はしないこと!)。

後は水を抜いて、押し絞って水を切って干しますが、水をたっぷり吸ってとても重くなる上に水がしたたるので、しばらく浴槽の淵へかけて水切りをしても。化学繊維は水が下へ流れていきやすいのでこれで結構、水が切れます。洗濯機に入るならネットに入れて脱水機にかけてもよいでしょう。

■乾燥
外干しをする時は風通しのよい日陰で陰干しを。乾くのに時間がかかるので天気のよい日を選んで。自宅の乾燥機を使える方もあるかと思いますが、かなりの時間(=コスト)がかかると思われますので、できる人でも30分くらい乾燥させたら外干しにするのがおすすめです。コインランドリーの大型乾燥機を使ってもよいですね。


洗える電気毛布と電気カーペット

コードの扱いは慎重に……

コードの扱いは慎重に……

洗えるように作られているものですが、メーカーや商品によって注意点が異なります。必ず説明書を読んで、注意点を守ることが大切です。当然ですが洗う時にはコードをとりはずし、洗った後はコードの接続部分をよく拭き乾燥させてから使います。あまり頻繁に洗うと中に配線されたコードが傷みやすくなるかもしれません。

洗えるものといっても、洗濯機OKなもの、手洗いだけOKなものもありますのでそこもよくご確認を! 洗剤は中性洗剤を使うよう指定されているものが多いようです。水よりぬるま湯を使った方が素材の傷みが少なく安心です。

洗濯機OKなものは、必ずネットに入れてから洗いますが、たたむ時にコードの接続部分を一番内側にして、洗濯槽に当たって傷つく事のないようにしましょう。コースは「毛布」「ソフト」など弱水流を選んで。

また、手洗いでも洗濯機洗いでもたたむ時には、やさしく力を入れて折り曲げて中の配線コードが破損してしまわないようにやんわりとたたみましょう。

手洗いの場合はカーペットカバーの洗い方と同じように行います。すすぎにシャワーを使うとラクです。コード接続部分を中までよく拭き、日陰の風通しのよい場所でしっかり乾燥させます。


【関連記事】
毛布の洗濯、自宅で洗う方法と干し方
シルクの洗濯方法、手洗いと洗濯機それぞれ解説