プレーンなニットなら洗濯機でも。
ニット・セータのお洗濯の仕方をまとめました。仕分けをした洗えるニットを早速、手洗いと洗濯機の方法で洗っていきましょう。

手洗いのものと洗濯機洗いでもよいもの

どんなものでもお洗濯をすればある程度の傷みはありますが、特にニットは傷みやすいもの。そこだけは肝に銘じて汚れ落としと傷みのバランスを考え、大切なものはクリーニングへ出した方が無難です。

なお、洗うときは専用洗剤を使います。

前回分けた自宅で洗えるニット。絵表示で「手洗い不可」となっているものは極やさしい手洗いが基本です。また、色落ちが激しいものは他の服に色移りしないよう手洗い。

中には洗濯機洗いでもよいものもあります。ポイントは、プレーンな型で装飾がなく、絹・レーヨン・キュプラ・アセテート素材(混紡含む)でないこと。


手洗いも洗濯機洗いもきほんの準備は一緒

それではいざ、お洗濯!手洗いでも洗濯機でも、まずは以下の準備を整えます。

洗剤は専用洗剤 
ニットのお洗濯にはエマールやアクロンなど中性のおしゃれ着洗い用用洗剤を使います。弱アルカリ性のふつうの洗剤はウールには強すぎて、フェルト状になってしまうことも。また、塩素系漂白剤も使えません。

シミや汚れをチェック
襟、袖の汚れやシミなど、目立つ汚れは初めにチェック。見つけたらお洗濯本番の前に予洗い(※)をしておきます。※予洗い・・・とくに汚れがひどい場合、先に洗剤入りぬるま湯にひたし、力を入れすぎないよう注意しながら、汚れ部分をつまんで汚れを押し出すように洗っておきます。シミなどを落とすばあい、ウールには塩素系漂白剤は厳禁です。酸素系で色落ちチェックをしてから。

色落ちチェック
ニットはどれも、色落ちしやすいのですが、特に落ちやすいものは要注意。クリーニングに出すか、また、自分で洗うなら個別に洗うか同系の色をまとめて洗います。それではニットを洗濯機で洗ってみましょう!
>>>>「ニットを洗濯機で洗う!」へ