一度使ったら離れがたい使い心地。一度試してみてください~!
ずいぶん前に一度ムーブメントを巻き起こし、時代が去ったかのように見えたアクリルたわし(エコたわし)。皆さんはご存知ですか?周囲にあまり使っている人がいないのが残念で、ガイドは編んでは人にあげ、編んでは人にあげして、普及活動(!)に努めています。

なぜなら、流行りすたりにしてしまうにはもったいない素晴らしい使い心地。たいていの汚れは水とアクリルたわし(エコたわし)で落ちます!手作りしても簡単に出来るし、そして材料費がとっても安いんですよ!

洗剤を使わないで家中お掃除できるので、環境にはもちろん、赤ちゃんやお子さんにもやさしい。冬の食器洗いやお風呂洗いの、洗剤による手荒れの心配もありません。キッチンスポンジのようにヌメリなどもつきにくく、1つでとても長持ちします。

おばさんくさい、かっこ悪いなんて思わずにぜひ試してみてください。編み方を工夫すれば可愛く作れるし、一度使ってみたら汚れ落ちのよさにとりこになっちゃいますよ。

今回は、そんな便利なアクリルたわし(エコたわし)の使い方と作り方(編み図・編み方の詳しい解説もあります)をご紹介します。

アクリルたわし(エコたわし)の特徴・使い方

アクリルたわし(エコたわし)は水を使ってお掃除できる場所なら、どこでも使えます。水を流しながら(節水には溜めすすぎで!)アクリルたわし(エコたわし)でこするだけで、軽い油汚れも、納豆などのヌルヌルよごれも、お茶碗にこびりついたお米も、お風呂の湯垢も、洗面台のカルシウム汚れも、ぜ~んぶ綺麗になっちゃいます。

お皿洗いには、平らに編んだ直径10~15cmのもので、それ以外はポンポンをつくるみたいに手にグルグル巻きつけて結ぶだけの簡単なアクリルたわし(エコたわし)で、と使い分けると便利です。

ひどい油汚れのお皿などは、ボロ布(ボロ布ストックで資源節約&使い切る暮らしを参照)などでふき取ってから、液体石鹸を少量アクリルたわし(エコたわし)につけて、こすって、水でサ~ッと流すとキュッキュッ!となりますよ。

アクリル100%の毛糸が1玉あれば、たくさん作れて、1個作って大事に使えば数ヶ月以上もちます。ちなみにガイド宅で試してみたところ、少しきつめに綺麗に編んだアクリルたわし(エコたわし)は、その1個で半年くらいもちました。100円ショップのアクリル毛糸で作ったので1個で20円くらい。経済的だしゴミを増やさなくて済むのでエコロジーですよね~!

お皿洗いにはもう使えない、穴あきになってしまったり、汚れが落ちなくなってしまったら、ガスレンジや換気扇、排水口など、ひどい汚れのところに使い、最後の最後まで使えます。

--------------------------------------------------------------------
次のページで、図解つき、詳しい編み方・作り方のご紹介です!>>