うっかり汚れ?「もらい錆」

カミソリ

お風呂場での置き方に注意! うっかりサビ汚れの原因になりやすいカミソリ


お風呂場に、うっかりヘアピンを放置してしまった。T字カミソリの刃を下にして床に置いてしまった。キッチンに、缶詰の空き缶をついつい置きっぱなしにしてしまった。

ふと気づくと、置いておいた場所が、ピンや缶底のかたちに、茶色くなってしまっている……。え、洗剤でこすっても、落ちない……?

そんな経験、みなさんひとつや、ふたつあるのではないでしょうか?
赤茶色のサビは鉄のサビ

赤茶色のサビは鉄のサビ

サビには種類があり、色で見分けることができます。
  • 銅→青(いわゆる緑青)
  • 錫やアルミニウム→白
  • 鉄→赤茶色や黒
一般的な家庭で見られるサビ汚れの大半はこの鉄によるものになります。
そもそもサビとは、金属の表面の不安定な金属原子が、環境中の酸素や水分などと酸化還元反応(腐食)をおこし生成される腐食物(酸化物や水酸化物や炭酸塩など)による汚れのことを言います。

この茶色くなってしまう現象は、サビ跡やもらい錆といった呼ばれ方をします。
多くはうっかり置いてしまった方のサビが、移った汚れ。サビを「もらった」(付着してしまった)側の原因で汚れたわけではないのが、「もらい錆」といわれるゆえんです。

存外、知られていない「もらい錆」の落とし方を、今回はご説明しようと思います。

「もらい錆」の落とし方1:表面だけのもの

「もらい錆」汚れ落としのキモは、「発見したらなるべく早く対処すること」です。付いたばかりのもらい錆であれば、錆成分は意外に表層に留まっています。それが洗面所なら歯磨き粉をちょっと付け、指先でこするだけでも落とせるくらいです。

磨き粉が歯磨き粉であれば、洗面台や洗面ボウルの素材も問いませんので、安心です。

しかししばらく、「なんか汚れてるな……」と気づきながらも放置してしまったような場合は、サビが染み込んでさすがに歯磨き粉では落とせなくなっています。

「もらい錆」の落とし方2:歯磨き粉で落とせないもの

お風呂場の樹脂製の浴槽や、キッチンの人造大理石製のカウンター、ステンレスシンクなどに付いてしまった、少し厄介な「もらい錆」を落とす際には、本体が幾分傷ついてしまうリスクを負って掃除をすることになります。

以下の方法を試す際には、かえって汚くなってしまうかも知れないことを了承の上でお試しください。

1.クリームクレンザーでこする
キッチンなら食器用の、お風呂場なら浴室(浴槽)用の、市販の「クリームクレンザー」を少量取り、もらい錆に乗せて古歯ブラシなどでこすります。その後、水でよく濯ぎます。

 

 

2.「還元型漂白剤」で湿布する
「二酸化チオ尿素」や「ハイドロサルファイト」を主成分とする、還元型漂白剤と呼ばれる漂白剤があります。市販品では「ハイドロハイター(花王)」などがあり、基本的に白色の粉末状です。

この還元型漂白剤は、鉄分による汚れを落とすことに適したもので、汚れから酸素を奪う(還元)反応をつかって汚れの色素を除くものです。

もらい錆汚れの上に、やや熱めの湯(70度程度)で練った還元型漂白剤を置き、10分程度湿布したあとで古歯ブラシなどでこすります。その後、水でよく濯ぎます。

 

3.「酢(クエン酸)」と「クレンザー(粉末)」を使う
もらい錆部分に、少量の酢(食用でも甘味の強くないもの。すし酢などはダメ)を塗り、20分程度置いた後で粉末状のクレンザー(クリームクレンザーよりも研磨剤の割合が高い。クリームクレンザーの研磨剤割合が50%程度なのに対して、粉末状は90%ほどにもなる)を少量振りかけ、古歯ブラシや食器洗い用スポンジの硬い部分でこすります。その後、水でよく濯ぎます。

 


家庭で見つけたサビ汚れ、もらい錆には上記の方法を試し、それでもどうしても落ちない場合にはより強い薬剤などを使える専門業者に相談して下さい。

とはいえ、このサビ汚れ、もらい錆というのは見た目の不快感が主で、付着している部分が、それほど「衛生的に」問題あるというわけではありませんので、あまりキリキリせずに掃除に取り組んでいただければな、と思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。