○○用洗剤が多過ぎる! とお悩みの方必見

これ1本で家中キレイに! イラスト/室木おすし

これ1本で家中キレイに! イラスト/室木おすし

トイレはトイレ掃除用洗剤、お風呂場にはお風呂掃除用洗剤。ガスコンロ用とIH用の洗剤は違って、混同しやすいけど電子レンジ用も別にあって、それからシンクを磨くのと、冷蔵庫の中を拭くやつもある。ほかにもフローリング用、畳用、壁用、窓ガラス用、○○用、XX用……。

住まいの洗剤とひと口に言っても、ホームセンターやドラッグストアなどで眺めていると、そのあまりの種類、多様さには目が回ります。いったいどれを買うべきなの? 何が必要なの? こんなにいっぱい家のどこに置いたら良いの? ……途方に暮れてしまいますよね。

食器

食器用洗剤なら、どんな家にもあることが多い

さてもうタイトルでお分かりのように、実のところアレもコレもと専用洗剤を揃えずとも、いざとなったら“食器用洗剤”で住まいのかなりの部分の掃除はカバーできちゃうんですよ! というのが本記事です。

「食器用洗剤(台所用合成洗剤)」とは、CMで「お皿がピカッ」みたいな絵でアピールされている類の商品。ドラッグストアでもコンビニでもスーパーでも100均でも日本全国どこでも買えるうえ、とても安価です。一人暮らしなどの場合でも、他の洗剤はなくてもコレだけはあるという方、多いのではないでしょうか。

 


トイレ、お風呂、子供部屋……食器用洗剤の応用方法

食器用洗剤は基本的に原液で使うか、あるいは水で薄めるか(拭くか吹付けるか)という応用を利かせるだけで、以下のような場所の掃除にマルチに使えます。とても簡単です!

便器は陶器なので、当然食器用洗剤も使えます

便器は陶器なので、当然食器用洗剤も使えます

■トイレ掃除:便器は原液、床や壁は薄めて
便器に1滴2滴、原液を垂らして、ブラシでゴシゴシ。床や壁は数滴垂らしたバケツの水で拭く。便座も同様です。

■洗面所掃除:スポンジに原液でOK
洗面ボウルには1滴2滴、原液を垂らしてスポンジなどでゴシゴシ。床壁その他はトイレ掃除と同様に行いましょう。

■浴室掃除:潤沢な泡で排水口もお手の物!
浴槽はティースプーン1杯程度の原液を垂らしてスポンジでゴシゴシ。潤沢な泡で、洗面器や風呂椅子、洗い場床、排水口などもじゃんじゃん擦り洗いしてしまいましょう。

■キッチン掃除:コンロ周りは薄め液で対処
コンロ周りの汚れは薄め液で緩めてからスポンジで擦り洗い。シンクも同様。床、壁その他、薄め液で拭き掃除できます。

■リビング、子ども部屋など:窓には薄め液をスプレー
フローリングの床は数滴原液を落としたバケツの水で拭き掃除しましょう。ラグなども雑巾をかたく絞って拭き掃除できます。家具、壁等も同様に。窓は薄め液を入れたスプレーボトルで濡らし、メラミンスポンジなどで擦ってスクイージーで水切りすればスッキリ。


こんなに「使える」ワケは、界面活性剤にアリ!

「食器用洗剤のはずなのに、どうしてそんなに使えるの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。それは食器用洗剤の主成分が「界面活性剤」というものだからです。

界面活性剤がナニで、どういう仕組みなのかを説明するのはとても難しいのですが、ものすごく噛み砕いて言うなら……

汚れの付いたものを「水で濡らしやすくし」、その汚れを泡などで「浮かせ」、汚れを「細かくして」、「取り(流し)去りやすくする」働きをもつ物質のこと。

ちなみに、あらゆる洗剤(純石けん、合成洗剤を問わず)の主成分はこの界面活性剤なのですが、その中で食器用洗剤をおすすめする理由は安全性の高さにあります。

じつは食器用洗剤は元々、食器や鍋釜のみならず「野菜を洗う」ことも想定されていたのです。いまとなってはピンときませんが、野菜作りに当たり前に人肥(うんちなど)を使っていた時代は寄生虫汚染が激しく、そのため農薬も多く使用されていました。安全のため、生野菜や果物などを洗剤で洗浄することが、国を挙げて推奨されていたのです。

そこで、野菜洗いに耐えられる、たいへん安全性が高められた状態で市販された洗剤が食器用洗剤なのです。


洗剤から見える住まいの汚れの正体

とはいえ、「食器用」と銘打たれている市販品を、それ以外の用途で使用するのはメーカーの想定外なので、万一のトラブルはあくまで自己責任になりますし、当該記事も責任を負いません。この点はご承知置き下さい。

ただ、このようにひとつの洗剤を使って応用を利かせることで、住まいそれぞれの箇所の「汚れ」の性質がつぶさに見えてきます。何も考えずに専用洗剤を使っているだけではわからなかったこと。暮らしの中で住まいを汚す「もの」とは何か、これまで使ってきた洗剤とは何だったのか、などなど、1本の食器用洗剤から気づくことは思いのほか多いはず。

買い置きの洗剤がなくて困った時などはチャンスです! ぜひ騙されたと思って、家じゅうのお掃除を試してみて下さい。


イラスト/室木おすし(ホームページ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。