トイレのドアを開けた瞬間、「ムッ」と独特な悪臭を感知……。なんだかテンション下がりますよね。体調の悪いときなどは、それだけで気分が悪くなってしまうことも。残念ながら梅雨~夏にかけて、そんな「臭うトイレ」が全国的に急増します。お宅のトイレはどうですか? 臭いませんか? いかにトイレの悪臭に対処すべきかを、今回はレクチャーしたいと思います。


「ムッ」と臭ったら! 今すぐチェックしたい3ポイント

男性が複数使用するトイレはとにかく尿はねが多いもの。便座裏、便器のフチ、便器と床の継ぎ目、そして床と壁への尿飛散は確実と心得ておいてください

男性が複数使用するトイレはとにかく尿はねが多いもの。便座裏、便器のフチ、便器と床の継ぎ目、そして床と壁への尿飛散は確実と心得ておいてください

まず、既にドアを開けるたび「なんか臭う」といつも感じてしまうトイレであるならば。今すぐ以下の3つのポイントをチェックしてみて下さい。体調が悪くなければ鼻を近づけて「悪臭源」であることの確認も是非。

  1. 便座の裏、便器のフチ裏
  2. トイレマット、スリッパ
  3. 便座カバー、蓋カバー

「便座裏」は、男性の尿はねや軟便はねが多く、汚れの溜まりやすい場所。肌の触れる便座を拭く頻度で、この部分も拭き掃除しましょう。梅雨~夏は「消毒用エタノール」をトイレットペーパーに一吹きし、これで一拭きしてしまうのが、容易かつ効果的です。

「便器のフチ裏」も男性の尿はねが蓄積しやすい場所です。ゴム手袋などした手でトイレ用洗剤を塗り付けしばらく放置すると汚れが分解され、その後トイレブラシで擦ればよく落ち爽快です。

「トイレマット」「スリッパ」は悪臭の根源となりがちなアイテムです。最低、1週間に一度は洗濯を。マットやスリッパを置かない、という選択もあり得ますが、おしっこの上手でない乳幼児がいる場合などは、尿はねを吸い取ってくれる分、あったほうがむしろ快適かもしれません。まめな洗濯で対応を。

「便座カバー」「蓋カバー」も、知らず尿はね・便はねを吸い取ってしまっていることが多く、なにげない悪臭源であることが多いものです。トイレインテリアのこだわりもあるかもしれませんが、梅雨~夏は「蓋カバー」は撤去したほうが無難。「便座カバー」は、お尻が冷たいと不快かも知れませんので、「トイレマット」同様に最低1週間に一度の交換を心がけてください。