温水洗浄便座は、自分で掃除できます!

便座を外して掃除すれば、「きれいにしてるのに、なぜか臭う……」がなくなるかも!

便座を外して掃除すれば、「きれいにしてるのに、なぜか臭う……」がなくなるかも!

「床や壁までしっかり掃除しているのに、どこからともなく臭いのはナゼ?」そんなモヤモヤ感のあるトイレでこそ試してほしい「便座を外して」のシッカリお掃除。「エッ!? うちのトイレ、温水洗浄便座なんだけど、そんなの外せるの?」外せます! 外せるように、できてます。

最近は、自宅のお手洗いに「ウォシュレット」や「シャワートイレ」などの温水洗浄便座を取り付けている方も多いはず。やってみると、ものすごくスッキリしますよ! 太鼓判です。

温水洗浄便座掃除・用意するもの


便座の外し方 便器本体掃除の手順

    知らず知らずのうちにホコリなどがこびりついているピン周り

    知らず知らずのうちにホコリなどがこびりついているピン周り

  1. 便器のフタのピンを外し、ずらしてフタ自体を外します。フタのピン周囲も汚れているので、この時点で拭いてしまいます。細かな部分は綿棒にアルコールを浸したもので。
  2. 電源プラグをコンセントから外します。「必ず」外してください。
  3. マイナスドライバーなどで止水栓を閉め、給水を止めます(右回し)。止水栓の位置は調整されているものです。必ずどの位置から回し始めたか覚えておいてください。
  4. 温水タンクの下部に洗面器かバケツを置き、温水タンク水抜き栓をゆっくり回すと湯が出てきます。タンク内の水をしっかり抜き切ります。
  5. そーっと便座をずらしていきます

    そーっと便座をずらしていきます

  6. 温水洗浄便座本体をつかみ、手前にゆっくりとスライドさせて、便器から外します。この時、外しづらいからといって力任せにならないように。コード類やホース類を引っ張らないように、そのまま、便器のリム部分(先のほう)にそっと置きます。

  7.  
    あらわになった汚れにビックリ!(見苦しい画像でごめんなさい)

    あらわになった汚れにビックリ!(見苦しい画像でごめんなさい)

  8. あらわになった本体部分の汚れは、少量のクエン酸スプレーをかけたウエスで拭き取ります。細かな部分は綿棒を使って。最後に消毒用アルコールを塗布しておきます。
  9. 温水洗浄便座本体を便座の上に置いて、本体の位置を整えてから、「カチッ」と鳴るまで奥にスライドさせ、固定します。固定後、本体を軽く揺らせてみての確認を忘れずに。
  10. 温水タンク水抜き栓が閉まっているのを確認した後、止水栓を元の位置に戻して、給水開始します。この時、漏水が起こっていないか、念入りに確認してください。
  11. 電源プラグをコンセントに差し込み、試運転をして正常に動いているか確認してください。

掃除完了!心なしか空気からして清浄な気がしますね

掃除完了!心なしか空気からして清浄な気がしますね

便座下は普通に掃除をしていても、なかなかきれいにできる部分ではありませんよね。この機会に、ぜひ取り組んでみてください。

またその際には、お手持ちの便座の取扱説明書を熟読の上で指示に従い、くれぐれも安全に注意して行ってくださいね(ちなみに今回使用した便座はINAXシャワートイレです)。




【関連記事】
カビじゃないの!?お風呂でよく見る"ピンク汚れ"の秘密
めっちゃお買い得! 高コスパな家事便利グッズ
風呂・浴室掃除の10の法則、カビ対策や頻度を解説!
お風呂場などの排水溝・排水口掃除の仕方、用意する物
風呂床「黒ずみ」と「白いモヤモヤ」を徹底お掃除!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。