キッチンのシンク(流し台)といえば、ステンレス製が一般的。でも最近のシンクは素材もデザインも多様化しています。まず基本的なシンクの汚れ原因とその解決法。また注意すべき素材の掃除法、シンク全般において看過できない掃除ポイントなど、基本的なキッチンシンク掃除の方法についてレクチャーしたいと思います。


シンクは何故汚れるのか

何故か、自炊しない人のキッチンシンクのほうが、自炊している人のシンクよりも汚いもの。不思議ですが、ある意味、当たり前なのかも

何故か、自炊しない人のキッチンシンクのほうが、自炊している人のシンクよりも汚いもの。不思議ですが、ある意味、当たり前なのかも

食材を洗い、食器を洗い、鍋や釜やフライパンなど、あらゆるキッチン周りの汚れ物をこの一箇所で洗うことになるシンクという場所は、泥から油から酸からアルカリ……常に多種多様の汚れと接しています。水場であることから水垢の発生は免れませんし、そのせいでカビやヘドロの発生しやすい場所でもあります。食べ物を扱うがゆえに、住まいの中で最も衛生に留意しなければいけないにも関わらず、最も不衛生に傾きがちである二律背反。主婦の半数以上が「毎日欠かさず掃除する」としていますが、それでも洗い残しの汚れは蓄積してしまうものです。


シンク掃除の基本

この継ぎ目部分は気をつけていても汚れが溜まりやすいところ

この継ぎ目部分は気をつけていても汚れが溜まりやすいところ

まず最も効果的なシンク掃除は、調理~洗い物毎の「都度」掃除です。食器を洗うものとは別にスポンジ等を用意しておき、ただし洗剤は普段使いの食器用洗剤で気軽に「隅から隅まで」洗ってしまうのです。三角コーナー、ゴミ受け皿、排水口周りまで含めて、というのが理想ですが、なかなかそこまでできかねる、という方のほうが多いかもしれません。洗浄後、乾いたタオルなどで水滴を全て拭ってしまうと完璧です。

目に付く面のみでも洗わないよりはましですが、その場合、シンクと作業台(ワークトップ)との継ぎ目付近に、食器洗い時に飛んだ汚れや汚れによるカビが蓄積してしまうことになりがちです。このような汚れはスポンジと食器用洗剤だけでは容易に落ちません。古歯ブラシに重曹か食器用クリームクレンザーを付けて、歯磨きのように汚れを掻き出して落とします。その際、すすぎを忘れないようにしましょう。