キッチンの換気扇、形状と掃除の難易度とは

キッチンの換気扇・レンジフードの掃除方法とは

キッチンの換気扇・レンジフードの掃除方法とは


お宅のキッチンの換気扇は、どんな形をしていますか? プロペラが壁にはめこんであるような昔ながらの「プロペラファン」の換気扇は、一戸建て住宅を中心に今でも多く、シンプルな構造かつ換気量も多いメリットがあります。反面騒音が大きく外風に弱いというデメリットも。

「直接排気式」のプロペラファン

「直接排気式」のプロペラファン

 

直接外気に接するため「直接排気式」と言われます。掃除は比較的やりやすい形状であるため、「自力」で「拭く」をメインに取り掛かることも可能です(汚れの度合いによる)。

最近のマンションなどのキッチン換気扇ならば、なんだか言いようのない変な形をしている換気扇かもしれません。この小さい羽のついた換気扇は「シロッコファン」といい、「ダクト排気式」という方式で排気します。調理中に出た油煙や湯気は、この換気扇から「ダクト(空気を送る管)」を通って外に出されるという仕組みで、キッチンの場所を問わず設置でき、騒音も少なめというメリットがあります。

「ダクト排気式」のシロッコファン

「ダクト排気式」のシロッコファン



また、素人掃除が難しいのも、問題といえるかも知れません。汚れが固着した(2年以上掃除していない)シロッコファンに関しては、怪我も多いため、なるべくなら「他力」(専門業者に依頼した)掃除をお勧めしたいです。自力でやる場合には「漬ける」が必須。充分気をつけて行いましょう。
 

換気扇掃除の前に取り外しを

換気扇外部、外壁周辺の汚れも注意してみて下さい

換気扇外部、外壁周辺の汚れも注意してみて下さい

「自力」でする徹底した換気扇掃除がなぜ嫌われるのか。それは掃除自体よりもむしろ「高所にある設置場所から部品を外して、掃除後また戻す」一連の作業が厄介だからではないでしょうか。

まず掃除にとりかかる以前に、プロペラファン、シロッコファンともに、取扱説明書を参照しながら外せる部品(パーツ)はすべて取り外します。

■直接排気式のプロペラファンの場合

  1. 羽根をおさえてスピンナを緩めて外し
  2. 羽根をシャフトから引き抜いて外し
  3. カバーも取り外す 


■ダクト排気式のシロッコファンの場合

  1. 手前のグリスフィルターを外し
  2. 内部のファン真ん中のネジを緩めて
  3. ファンを取り出す 
 

換気扇・レンジフードの掃除で用意するもの

「セスキ炭酸ソーダ」はキッチンの油汚れに対しオールマイティーに使えます。100円ショップでも買えるので、是非常備して

「セスキ炭酸ソーダ」はキッチンの油汚れに対しオールマイティーに使えます。100円ショップでも買えるので、是非常備して

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ水
  • 液体石けん
  • (上記がなければ)住まいの弱アルカリ性洗剤
  • クエン酸水、あるいは酢
  • 古歯ブラシ
  • 古布、ウエス
  • 古新聞紙
  • 大きいバケツかダンボールの空き箱
  • 穴の開いていない45リットルゴミ袋
 

キッチンの換気扇掃除方法・手順

■汚れが少ない場合

  1. 各パーツにセスキ炭酸ソーダ水スプレーか、住まいの弱アルカリ性洗剤を吹きつけ、数分置く
  2. やや熱めの湯とウエスなどで擦りながら濯ぎ、パーツを乾燥させる
■汚れが頑固な場合
 
  1. 各パーツに付着している油汚れをなるべく拭き取っておく
  2. バケツあるいは段ボール箱の内側にゴミ袋を装着した中に、熱めのぬるま湯を注ぎ、パーツを浸して汚れを緩める
  3. 緩んだパーツは取り出して、古新聞紙を敷いたシンクの上などに置く
  4. パーツに重曹をふりかけ、汚れを吸わせながら古歯ブラシで擦り、汚れを掻き出す。汚れの激しいところは液体石けんを併用する
  5. 汚れが固い部分には、セスキ炭酸ソーダスプレーも併用する
  6. 汚れ液をウエスで拭い、その後熱めの湯で濯ぐ。ギトギトが残っている部分は、4から再度やり直す。濯ぎに酢などのリンスを使うと石けん分がよく落ちる
  7. パーツを乾燥させて元通りに設置する
 

レンジフード部分は「セスキ炭酸ソーダ」スプレーで

固まりかけたしつこい汚れには、キッチンペーパーかティッシュペーパーでの湿布が効きます

固まりかけたしつこい汚れには、キッチンペーパーかティッシュペーパーでの湿布が効きます

換気扇ファン部分の掃除に比べてしまえば、レンジフードやグリスフィルター部分の掃除は格段にラクに感じられるでしょう。この部分はなるべくまめに、日常的なキッチン掃除の延長で行ってしまうことをオススメします。

その際には、「セスキ炭酸ソーダ」を10%程度の濃度に溶かした水溶液スプレーを用意し、汚れを緩めることに使います。界面活性剤を含まず、泡立たないため扱いが実に手軽で便利ですよ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。